台湾土産の漢方食材「茶樹菇」の正体は

前回に引き続き台湾お土産の漢方食材の紹介です

「茶樹菇」

↑読み方がわかりませんが・・

日本では「柳松茸(ヤナギマツタケ)」といいます

あまりなじみのないキノコですが、日本でわりと栽培されてます

見た目はスラっとしたしめじってかんじ

名前に松茸とついているがキノコの王様「松茸」とは関係ないらしい
名前の由来は諸説あり、柳(やなぎ)の木(枯れ木)に寄生していることが多く、マツタケのような香りがするとか、食感が似ているからとか・・

実際の味はクセがなくシャキシャキとした食感が特徴

これは火鍋には合いそうですね~見かけたら買ってみよう!!

そして台湾土産はこの柳松茸を乾燥させたもの

柳松茸は乾燥させると風味と旨みが増すキノコらしい
日本で柳松茸を乾燥させて販売している所はごくごくわずか

確かに香りがスゴイします!!

火鍋に入れたらすっごい良い出汁が出るのは間違いないだろう

生の柳松茸の栄養成分ですが
他のキノコ同様、ビタミンD、B群、葉酸、食物繊維が豊富です。
糖尿病予防、便秘の解消、血液サラサラ効果、骨粗しょう症の予防、等が期待できます。

乾燥させると栄養成分が変わったり凝縮したりするので

乾燥柳松茸の栄養成分はさらに期待できそうですが、ネットで検索しても情報が得られずでした・・

乾燥柳松茸の使い方は
モチロン鍋に入れたり、スープ、水でもどしてから炒め物にしたりもできる。

乾燥してるから保存も効くし意外といろいろ使えるかも~!!

 

 

 

投稿者:

火鍋ファイター

日本一の火鍋マニア。火鍋専門サイト運営、漢方養生指導士の資格取得、某有名火鍋店にて2年間修行、1年限定で火鍋専門店を渋谷にオープン(現在閉店中)、台湾に火鍋と漢方修行の旅へ、あくなき火鍋への探求心は止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です