誰もが食べている○○は身近な薬膳料理

先週末めずらしく飲み歩いた火鍋ファイターです

案の定次の日は二日酔いになったんだが

二日酔いの日って何をたべますか?

基本食欲はそんなになくなるし、胃が荒れてるからさっぱりしたものがいいけど、ちゃんと食べないと力でないし・・

あ、「カレーなら食べたい!!」

ということでカレーを食べたわけです

J・S・CURRY(渋谷神南店)
ちょっとおしゃれなカレー

二日酔いで気持ち悪いけどカレーのスパイスの香りは食欲をそそる

店内にあるカレーのスパイスを見てると「クミン」「カルダモン」「クローブ」「ウコン(ターメリック)」「シナモン(桂皮)」「唐辛子」・・火鍋に入れる漢方生薬とほぼ同じだなぁ

イメージです

カレーなどに使われるスパイスは「生薬」として「漢方薬」に使われることもよくあります

これらのスパイスを漢方的なはたらきを見ると、「芳香性健胃薬」として使用されています

「芳香性健胃薬」とは、香りによって反射的に唾液や胃液の分泌を促進し、胃腸の運動を活発にし、食欲不振や消化不良に用いられるもののことらしい

確かによく見る胃腸薬の成分を見てみると

・ウイキョウ末(茴香・フェンネル)
・ケイヒ末(桂皮・シナモン)
・チョウジ末(丁子・クローブ)
・カンゾウ末(甘草)

これらはカレーにも火鍋にもよく使われる漢方生薬ですね、火鍋ファイターの火鍋にもこの生薬は全部入ってます

「ウコン」はカレーには欠かせないスパイス「ターメリック」の事

このように、カレーのスパイスには、食欲を増進させてくれ、さらに消化不良も改善し、胃を健康にしてくれるという薬膳的な効能があるわけですね

二日酔いの時にカレーを食べたくなったのは理にかなってるんだ!

このカレーに季節の野菜とかを使ったら本当に理想の薬膳料理になるな

辛くて、体に良くて、美味しい

火鍋と同じだ。。

カレーと火鍋は兄弟みたいなもんだなと思いながらカレーを食べる二日酔いの昼下がりでした。

YouTube火鍋チャンネル 火鍋専門情報番組

投稿者:

火鍋ファイター

日本一の火鍋マニア。火鍋専門サイト運営、漢方養生指導士の資格取得、某有名火鍋店にて2年間修行、1年限定で火鍋専門店を渋谷にオープン(現在閉店中)、台湾に火鍋と漢方修行の旅へ、あくなき火鍋への探求心は止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です