知っておきたい「火鍋用語」であの娘をゲット!!

火鍋ファイターです!!

火鍋は日本で専門店といえるものはまだまだ少ないです

本格的な火鍋は値段もそこそこしますし家で作るにはちょっとめんどくさい

日本人の火鍋意識調査(火鍋ファイターなんとなく調査結果)
・火鍋を知っている 99%
・火鍋を食べたことがある 2%
・火鍋をよく食べる 0.1%

このように日本人にあう美味しい火鍋のお店はなかなか無いのが現状です

もっと火鍋が好きな人が増えてくれたらいいですね

あまり火鍋を食べる機会がないと思いますが・・

気になるあの娘を食事に誘ったら・・

男性「週末食事でもどうだい?」(誘い方が昭和)

女性「いいですよ」

男性「何か食べたいものあるかい?」

女性「そうね〜「火鍋」食べてみたいわ、私辛いもの好きだけど食べたことないの」

男性「OK火鍋の事ならまかせてよ」
心の声「食ったことねえ〜!!」

女性「わあ、楽しみ〜火鍋って専門的なかんじで気になってたけど食べに行く勇気がなくて、美味しい火鍋知ってる?」

男性「もちろん、美味しいとこ予約しておくよ」
心の声「知らねえ〜!!食べログで点数高いところ調べねえと!!」

女性「私の火鍋処女やさしく奪ってね❤」

さあ大変だ

見栄を張ってしまった火鍋童貞の彼はバレずに火鍋を食べることはできるのか?

ここで火鍋ファイターからのアドバイス

「ちょっとした専門用語で知ってる感を出せ!」

火鍋用語をさらっと使えるようにいくつか抑えときましょう

 

・鴛鴦鍋(おしどりなべ)

日本で最も知られている火鍋の鍋の形。『対』の意味をもつ「鴛鴦(おしどり)」に由来する
素人は「二色鍋」とか「まんなかで分かれてる鍋」とか言うが、通なら「鴛鴦鍋」と言いたい。
女性「へえ〜これ鴛鴦鍋っていうんだ!」
男性「そう、仲むずましいことを鴛鴦夫婦とも言うね、僕たちもこんな火鍋みたいに仲良くなりたいな」
女性「ス・テ・キ」

 

・麻辣スープ(マーラースープ)
「赤いスープを足してください」などと言ってはいけない、「ちゃんと麻辣スープを足してください」と言おう
女性「赤い方はマーラースープっていうんだね」
男性「そうだよ、ついでに君がステキすぎて僕のマラからスープが・・」

 

・麻辣油(マーラーユ)
麻辣スープに入っているのはただの「辣油」ではない「麻辣油(マーラーユ)」なのだ「辣」は唐辛子の辛さで「麻」は花椒の痺れを意味する
女性「もっと辛くした〜い」
男性「すいません麻辣油を追加してもらえますか?」
男性「ついでに僕のマラ・・・」
女性「言わせね〜よ!!」

 

・白湯スープ(パイタン)
白く濁ったスープは白湯スープ(パイタン)スープです「白いスープとか」「辛くないスープ」とか言うなよ。
男性「僕のマラからパイタンスー・・・」
女性「言わせね〜よ!!」

 

・香菜(シャンツァイ)
火鍋に合うパクチー「パクチーはタイ語」「コリアンダーは英語」「シャンツァイは中国語」ここは火鍋の本場中国のシャンツァイと言おう
男性「シャンツァイ好きかい?」
女性「シャンツァイって何?」
男性「パクチーのことだよ火鍋の本場中国語だよ、火鍋に合うよ」
女性「パクチー好き!あなたのことも・・・好き❤」
男性「おっふん❤」

 

・花椒(ホアジャオ)
女性「あ〜!!なんか舌がピリピリする!!」
男性「もしかしてホアジャオを食べたかな?」
女性「ホアジャオ?」
男性「「四川山椒」「中国山椒」とも言うよ、麻婆豆腐とかの四川料理や火鍋にも欠かせないスパイスだね」
女性「へ〜日本の山椒とは違うの?」
男性「同じミカン科サンショウ属だけど味や香りが違うから別のスパイスとして使われてるね」
女性「そうなんだ〜まだ舌が痺れてる」
男性「今夜は心も体もしびれるような夜にしようね❤」
女性「イヤン❤」

これで火鍋童貞の君も

気になるあの子をゲットできること間違いない!!

YouTube火鍋チャンネル 火鍋専門情報番組

投稿者:

火鍋ファイター

日本一の火鍋マニア。火鍋専門サイト運営、漢方養生指導士の資格取得、某有名火鍋店にて2年間修行、1年限定で火鍋専門店を渋谷にオープン(現在閉店中)、台湾に火鍋と漢方修行の旅へ、あくなき火鍋への探求心は止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です