【これが石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋」】2019台湾旅行記~火鍋食べ歩きと漢方修行~

火鍋ファイターです台湾旅行記パート4

トラブル続きの珍道中

日本火鍋界の精鋭「火鍋三銃士」が台湾の火鍋を食べつくします!!

・病弱で風邪を引き声が出なくなった「火鍋ファイター」
・台湾入国拒否レベルの不振人物「オチ」
・ブルーノマーズみたいになっちゃってるパーリピーポー「モモ」
と旅の目的である「台湾の火鍋」を食べます!!

台湾上陸の記念すべき1店舗目は

「雅香石頭火鍋(ヤーシェン スートウ フオグオ)」

または
「雅香自助火鍋」

店名はどっちでもオッケイ、細かいことは気にしないのが台湾スタイル!ネットで調べるとどっちでも出てきます

「石頭火鍋」とは火鍋の種類のこと

日本では数店舗でしか食べれない幻の鍋

その鍋は名前の通り石からできている鍋らしい・・

台湾では人気でよくたべられているそうだが・・いったいどんな火鍋なのか!?

場所は台湾の原宿といわれる西門エリアのはずれ

この雅香石頭火鍋は40年以上続く老舗で地元民から絶大な支持をされている人気店!!

13時くらいに入店したがけっこう混んでいる

ってか昼からガンガン火鍋をむさぼり食っている台湾人のなんと多いことか!!

そこらかしこに火鍋屋が点在していて、この店に来る途中でも既に5件以上の火鍋屋をスルーした、まさに火鍋アイランド!

店内は「ザ・地元感」が溢れ出ている、小汚い店内の床には皿が積み重ねられている!?なんだこれは?

のっしのっしと歩く店員のおばちゃんの大きな中国語が行き交う店内

初めて入る人は気おされること間違いない

しかし我々には勇猛果敢な火鍋女子「ブルーノ・モモ」が仲間だから安心

まるで常連客のようにずんずん店内奥へと進んでいく!

席に着く

しかしメニューらしいものは見当たらない、店員もこっちを相手にする気配がない

するとブルーノが席を立ち「ここは完全セルフだから」と飲み物やら食べ物の準備をし始めた

店内にある冷蔵庫から勝手に飲み物を取りグラスや食器も自分たちで用意する

説明は一切無し、日本のレストランのように「ご注文はいかがなさいますか?」などという言葉を待っていたら何も食えずに終わるぞ

しかも日本語もほとんど通じない、下手したら英語もわからない人も多い、、打つ手無しだ

ここでの店員とのやりとりは

店員「肉はなんだ?(中国語)」
ブルーノ「ラム肉よこせ」

くらいだ(初めに入れる肉だけ牛か豚かラムから選ぶらしい)

そして強制的に石鍋がテーブルに運ばれてくる、始めて見る石鍋、重厚感と年期がある

石鍋には何も入っていない。。スープは?

ここで店員のイカツめのおばちゃんが頼んでもいないのに油を入れて石鍋を熱し始める

次の瞬間

ジュワアアアアア~!!

勝手にラム肉を石鍋で焼き始めた、次に野菜も一緒に炒める、まるでバーベキューだ

しいたけ白菜などもいれる、多少肉がこぼれて落ちようが気にしない!

この国で細かいことを気にしたら負けなのだ!

そして最後にやかんを持ってきてドボドボ~

スープを注ぐのだ

そう、石頭火鍋の最大の特徴は鍋にする前に“一回焼く”ことにあるんです
おそらくスパイスの香りをたたせる、香ばしさを出すなどを考えての作り方だと思うが

そうやって出てきた火鍋がこれだ!

これだけでも十分美味そうだが

この店は更に好きな具材を選んでこの中に放り込んでいきます!!

その具材数100種以上!!

ピンク色にいやらしく輝く冷蔵庫があるのでその中から好きな具材を取り出す

具材の値段は皿の色によって違う、日本の回転寿司スタイルだ

ほんとにたくさんの種類があり、見たこともない謎食材もあるので楽しい!

火鍋三銃士もいろいろな具材にチャレンジしました、一個一個説明するのもめんどくさいので省きますが!

注意点は具材によっては鍋のスープの味が激変するものもあるので癖のない具材から入れていくのがオススメです

ということで準備が整ったところで!!

次回!実際に食べます!

石頭火鍋とは、いったいどんな味なのか?

後編へつづく・・・・・

【後編】【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋」】

『STORY』
台湾旅行記2019~火鍋食べ歩きと漢方修行~
①【我ら火鍋三銃士!!】
②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】
③【台湾上陸!!桃園国際空港~台北市内散策】
④【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋(ヤーシェン スートウ フオグオ)」】【前編】【後編】
⑤【世界一苦いジュース 「薬草街(青草巷)」】
⑥【賢い土産買い!台湾の24スーパーCarrefour(カルフール)(家樂福)】
⑦【これが本場の食べ放題!!台北西門 「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋(Mala Hot Pot)」】
⑧【現地で人気のニューローメン 台北西門 「富宏牛肉麵」】
⑨【本場で体験するオーダーメイド漢方!!中医漢方薬局 台北 「生元薬行」】
⑩【漢方天国 台湾1の漢方と乾物の問屋街 「迪化街」】
⑪【孤独のグルメ台湾編のお店で食べる「五郎特餐」&本場台湾茶体験】
⑫【この火鍋を食べに来たといっても過言ではない 台北中山 「無老鍋」】
⑬【台湾式居酒屋「熱炒」とは!?台北中山周辺を徘徊する】
⑭【安くてきもちい~!24時間営業マッサージ「金福手養身館」台北中山】
⑮【〆の火鍋は熱炒で!「中央市場生猛海鮮100」】
⑯【最後まで火鍋!台湾桃園空港内「異饗屋」】
⑰【台湾旅行まとめ、また行きたいワン!!】

火鍋ファイターです台湾旅行記パート4

投稿者:

火鍋ファイター

日本一の火鍋マニア。火鍋専門サイト運営、漢方養生指導士の資格取得、某有名火鍋店にて2年間修行、1年限定で火鍋専門店を渋谷にオープン(現在閉店中)、台湾に火鍋と漢方修行の旅へ、あくなき火鍋への探求心は止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です