新大久保で薬膳・漢方食材を買うならココへ行け!!

火鍋ファイターです!!

最近は漢方にどはまり中ですっかり「漢方おじさん」になってます

品川の漢方スクールで“漢方友達”ができたのでいっしょに新大久保に漢方食材を見に行って来ました~

火鍋の食材仕入れでおなじみの新大久保

今回は2店舗

「日光アジア物産」

新大久保のアジア食材専門店、日光アジア物産


マニアックな食材が豊富な謎多き店、通の人はB1にも行く

「韓国市場」

http://www.ehiroba.jp/hiroba/index.html

新大久保の韓流はここからはじまったと言われる新大久保を代表する韓国食材店

活気がある店内の美味しそうなキムチやトッポギやチゲなどには目もくれず人気の少ない漢方食材の棚へ


上記2店舗で気になった漢方食材!

【韓国市場】
・霊芝(マンネンタケ):サルノコシカケとも言われる高級生薬!
・ファンギ(キバナオギ):聞いたことない食材だったので調べたら「黄耆(おうぎ)」でした、なおぎ=おうぎ。
・葛根:葛根湯に使われる生薬ですね。
・トウキ:これも漢方薬にはよく使われる生薬、独特の香りは好き嫌いが分かれるかも・・。
・カムチョ(甘草):漢方薬に一番使われる生薬カンゾウ韓国語でカムチョと言うんですね。


【日光アジア物産】
・金針菜:日本ではまだマイナー食材ですが、栄養価も高く味もいいので注目されている食材です。
・草果:胃腸薬として用いられる、匂いは正露丸のよう、けど癖になる香り。
・麦門冬:気管支炎などに使われる漢方薬、“麦門冬湯”の主となる生薬。
・北芪片:読めなくて調べたらこれも「黄耆(おうぎ)」でした、姿形がぜんぜん違っても同じ食材なんですね、当て字で商品名を書くのは中華食材店アルアルですね。
・当リヨ片:韓国市場にも売っていた“トウキ”です漢字で“当帰”と書くのでそれに近い文字を書いたのでしょう「帰」=「リヨ」・・・その発想すごいな・・・

今回購入したのは
葛根¥450
草果¥450
トウキ¥450

火鍋に入れてもいい味がでて美味しくなりますよ!!

あくまで食材なので商品の質や薬効は未知数です、漢方薬として使われる生薬は厳しい審査を通った物で、このように食材として売られているものは薬効などの検査はされてないとおもいます、あくまで味のスパイス的な用途での使用になります。

もう一つ新大久保で薬膳食材を買うのにオススメなのが「華僑服務社」という店、今回は時間が無くて行けませんでした~

「重慶徳荘大火鍋」を使った火鍋の作り方・YouTube 火鍋チャンネル