後編【石焼火鍋「雅香石頭火鍋」で謎のつけダレクイズ!!】2019台湾旅行記~火鍋食べ歩きと漢方修行~

火鍋ファイターです

前編から引き続き~台湾火鍋旅行記パート4の後編です!!

台湾の地元民から絶大な支持を得ている火鍋屋
「雅香石頭火鍋」に来ている火鍋三銃士(火鍋ファイター、モモ、オチ)


台湾の地元感に、圧倒されながらもなんとか火鍋を食べる寸前までこぎつけた

何はともあれ乾杯!!

石頭火鍋とは石鍋を熱して具材を炒めてからスープを入れるという変わった作り方をする火鍋

おお味の方は!?
はじめの一口目の印象は優しい味

辛みは無く、ほんのり鶏ガラの出汁

日本では火鍋といえば辛い鍋だが

台湾、中国では火鍋とは鍋全般を示す言葉なのです

日本のちゃんこ鍋に近い味

そこに炒めた時の油と香ばしさが付け加えられる
独特の食欲をそそるスープだ
衝撃的な味ではなく、納得の味というか、じわじわとくる味、食べたことあるような無いような味

長年火鍋を食べていて思ったがスープの方向性は2種類ある
完成型スープ未完成型スープ

完成型スープは初めからしっかりと味が付いている

未完成型スープは味は薄めで付けダレなどで味を変えて楽しむ

この店のスープは未完成型スープ

さあココで付けダレを紹介

お、日本語訳が書いてある、やさしい!

がしかし!!

この日本語訳がなかなか楽しい・・・

えーと右上から

パセリ?パセリはないぞ?
あ、パクチーの事ね!

その下は
健康チリ?!

なんだそりゃ?
チリは唐辛子
健康?→health→生
どうやら生唐辛子の事だろう

なんだクイズか?

謎の付けダレ当てクイズが出された

特に難問だったのがコレ

【Q】
「うわーシャミ」

・・・・まったくわからん

【答え】
「うわーシャミ」→「うわーさみ」→「わさみ」→「わさび」

わさびでした!!

↑わかるかぁ!!

【Q】
「活発なゴールド」

え~と・・エナジードリンクかなにかですか?

違います答えはこれです↓

【答え】
沙茶醤(サーチャジャン)という台湾でよく使われるソース

味は魚介系でオイリーな感じ、火鍋のつけダレとしても割と定番

「沙茶」→「活発」になったのでは・・・確かに漢字が似てなくもない・・

「ゴールド」に至ってはもうわかりません・・

台湾で誤字脱字なんてよくあること、細かいことを気にしたら負けなのです

そんな小粋なクイズも出されつつ、つけダレを付けていただきます

辛いのが好きな人は生唐辛子を入れればヤバイ辛さになりますよ、乾燥唐辛子の何倍もの威力があります!!

さあ~どんどん具材を投入します

鍋はいろんな食材を入れるほどうまみも増しておいしくなっていきます

がんがんぶち込んでモリモリ食べます!

そしてここでこの店の謎が一つ解ける!

店に入って気になっていたのは床に散らかった皿

日本ではありえない光景、店員の片づけ忘れかと思ったら

これがこの店のスタイルなのだ!使い終わった具材の皿は床に置いてしまう!会計時に床の皿の数を数える(回転寿司)みたいな感じ。

そのほか飲み終わった瓶やらも床に散乱している、日本なら苦情もの、食べログに書かれて低い点数をつけられるだろう

なんて豪快な店なんだ!!

こちらも負けじと豪快に火鍋を食べきってやりました!!

散々食って日本円で一人¥2000ちょい位の値段!

安いぞ!!

うまくて安い、ご機嫌になった火鍋ファイターは店先で踊りだした!

台湾初日、風邪を引きながらも大満足の火鍋を食べて早くもテンションが迷子になってきた火鍋ファイター!

しかし残念ながら小躍りするくらい元気な彼を見るのはこれで最後になる・・・

つづく。

『STORY』
台湾旅行記2019~火鍋食べ歩きと漢方修行~
①【我ら火鍋三銃士!!】
②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】
③【台湾上陸!!桃園国際空港~台北市内散策】NOW!!
④【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋(ヤーシェン スートウ フオグオ)」】【前編】【後編】
⑤【世界一苦いジュース 「薬草街(青草巷)」】
⑥【賢い土産買い!台湾の24スーパーCarrefour(カルフール)(家樂福)】
⑦【これが本場の食べ放題!!台北西門 「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋(Mala Hot Pot)」】
⑧【現地で人気のニューローメン 台北西門 「富宏牛肉麵」】
⑨【本場で体験するオーダーメイド漢方!!中医漢方薬局 台北 「生元薬行」】
⑩【漢方天国 台湾1の漢方と乾物の問屋街 「迪化街」】
⑪【孤独のグルメ台湾編のお店で食べる「五郎特餐」&本場台湾茶体験】
⑫【この火鍋を食べに来たといっても過言ではない 台北中山 「無老鍋」】
⑬【台湾式居酒屋「熱炒」とは!?台北中山周辺を徘徊する】
⑭【安くてきもちい~!24時間営業マッサージ「金福手養身館」台北中山】
⑮【〆の火鍋は熱炒で!「中央市場生猛海鮮100」】
⑯【最後まで火鍋!台湾桃園空港内「異饗屋」】
⑰【台湾旅行まとめ、また行きたいワン!!】

後編 銀座「Kampo’s」の薬膳火鍋

銀座「Kampo’s」の薬膳火鍋の続きです。

注文したコース

全8品 選べる4種のスープ『陰陽バランス鍋』 3800円 【お料理のみ】

【1】24節気の前菜
【2】kampo’s 薬膳スープ
『デトックス発散鍋』
『美肌鍋』
上記4種類のスープから2種をお選びいただけます。
【3】8種オーガニック野菜盛合せ&豆腐三六五
【4】8種キノコ盛合せ
【5】湘南・藤沢 みやじ豚
【6】国産和牛
【7】〆の1品
ウコン麺or八穀麺
【8】24節気のデザート

先ずは前菜のスープ、薬膳スープ何のスープか忘れました・・すいません・・

けどめっちゃ美味かった!

鍋登場!!

『デトックス発散鍋』ピリ辛なスパイシースープ身体が温まります。
『美肌鍋』豆乳と白胡麻のクリーミーなスープ、身体を潤します。
視認できる生薬「クコのみ」「龍眼」「フェンネル」「花椒」の他にもたくさん入っていて、店員さんが詳しく説明してくれます

具財です
8種オーガニック野菜盛合せ&豆腐、根菜たっぷりでありがたい、根菜は身体を温めるものも多く、気を充実させてくれるので冬にはしっかり摂りたいですね。
身体を潤すきのこ8種キノコ盛合せ、はじめてみる珍しいきのこもありますね
湘南・藤沢 みやじ豚
国産和牛

まずはきのこから~良い出汁が出るんですよ~

きのこ大好き!毒キノコ以外のきのこはどれだけ入れてもかまいません!!

スープはアッサリとしたスープにほのかなスパイスの風味と辛さが絶妙です、中華系の火鍋に比べるとかなりのアッサリ感です、ほんとに日本人向けだとおもいます

豆乳スープもぜんぜんしつこくなくてゴクゴクいけちゃいます!

写真のお肉は2人前です、野菜がメインの鍋なので男性は物足りないかもしれないですが、根菜類がしっかりあるのでお腹いっぱいになります、自分には丁度良い量!

漢方的にも食べすぎは胃腸に負担をかけるのでよくないですからね

しかも〆もありますので満足です~

このオシャレなデザートも美味かったな~

終始女子を喜ばせる仕掛けがあるコースです

ということで、内容、値段共にここは自身をもってオススメできる火鍋屋といえます!!

今年2018の火鍋屋TOP3はもう決定してしまったので、来年2019年のオススメ火鍋TOP3にランクインする確立は高いですよ~

■ 2018年「東京オススメ火鍋屋」マニア厳選BEST3発表!

前編 銀座「Kampo’s」の薬膳火鍋

銀座「Kampo’s」の薬膳火鍋

 

関連ランキング:バル・バール | 新橋駅内幸町駅汐留駅

 

「重慶徳荘大火鍋」を使った火鍋の作り方・YouTube 火鍋チャンネル

下北沢「百楽門酒家」の火鍋

下北に美味しい火鍋があるとのウワサを聞きつけ行ってきました

火鍋ファイターです!!

下北沢ひさしぶりに来ましたね下北って下北にしかない雰囲気がありますよね、学生時代にレコード屋や古着を買いに遊びに来たなつかしい街

今回来たのは

百楽門酒家 下北沢店

用賀店もあるそうです

ウワサでちょいちょい耳にしていた下北の火鍋が美味しい中華料理屋

真夏の来店ですが店内はお客さんがわりといます、夏こそ火鍋!!

ホントの火鍋好きは夏に食べるんだよ~

店内は雰囲気も良くデートでも友達とでも来れる雰囲気

メニューにもしっかりと薬膳生薬の説明もされていて自分好みの薬膳感が強めの火鍋の予感で期待できる!

見ただけでも20種類くらいの生薬やスパイスが入ってますね

この火鍋のコース

1人¥2500を注文!

本格火鍋で¥2500のコースはけっこう安いぞ・・

内容はいかほどでしょか、ワクワク

前菜
細切り豆腐の和え物
スパイシーな肉の煮物

美味しい~です!

中華食材の細切り豆腐は火鍋に入れても美味しいよ
次回ブログはこの細切り豆腐を特集しよう!

鍋登場!!

アップだ!!

視認できる生薬

リュウガン、なつめ、草果、クコの実、ビャクズク、など、底のほうにも各種生薬入っています

すでにスープからは薬膳生薬の香りが漂ってきます、(((uдu*)ゥンゥン

これはしっかり作ってるな・・

火鍋ファイターは鍋の「見た目」と「香り」で鍋の味はだいたい判断できます

スープは薬膳感がしっかりしてる味です

麻辣スープは辛さは控えめ中国花椒も控えめなので痺れる感じの辛さはあまりなく、シナモン、カルダモン、ナツメグなどのスパイシー感が特徴

白湯スープは他店の白湯はまろやかなスープが多いですがここの白湯はわりとスパイシーな白湯スープですね

他の店にはないこの店独自の味がしっかりとできている店です

お野菜と鶏団子
キノコ各種小松菜、キャベツ、春菊、見えないけど木耳、棒湯葉など、一通りの抑えるべき食材はしっかりとはいってます

ラム肉と豚肉

追加でパクチー注文

ほ~れほれ

スープといい食材といい辛さも日本人にとても合う火鍋に仕上がっています

火鍋初心者から玄人までいけますね

〆は中華麺、これ・粉が付いたままだな、下茹でして欲しかった

デザートに杏仁豆腐がついてきます

ボリュームもちょうどいいです

これで¥2500というのはかなりコスパはいい!!

ここはオススメできる火鍋屋ですね、ごちそうさまでした!!

 
YouTube火鍋チャンネル 火鍋専門情報番組

 

後編 品川「10ZEN」の薬膳鍋

前回に引き続き

品川10ZENの薬膳鍋のレポートです

お鍋登場

視認できる漢方生薬になつめ、クコのみ、金針菜、スパイスの八角、にんにく、ネギ等々

見ての通り唐辛子は少なめで辛くなさそう

しかしスープから薬膳の香りが漂ってきますよ〜良い匂い

野菜登場

普段スーパーで気に留めないような野菜が結構あります、縮みほうれん草とかなんとかかんとか・・やっべ

ぜんぜん覚えてねえ

とにかく珍しい野菜盛り

肉は鶏肉「名古屋コーチン」「豚肉白金豚」「すっぽん」

豪華でしょう

すっぽんのアップ、見た目は・・グロめだ・・

豆腐類と

デザートのゼリーじゃないよ

すっぽんの生き血ゼリーだと!!

これを鍋に入れます

生き血って聞くと鍋に入れるのをためらうけど

臭みは全くないです

エナジーチャージ&美肌効果が期待できるらしい

ぶっこんでいただきます!!

スープのお味

「すっぽん塩スープ」
すっぽんって亀でしょ、くせがなくてあっさりしている、ふわっと薬膳の生薬やスパイスの複雑な香りがする

「烏骨鶏赤辛スープ」
ピリッとスパイスが効いたスープ、辛さは抑えめでこれまた生薬やスパイスの味が複雑に香ってくる

両方のスープも

美味い

この味をなんと表現して良いのか・・・

中国の火鍋っぽくはないんですよ

日本の鍋のように、カツオ出汁だな、とか、昆布出汁だなとかわかりやすくもないんで

「食べたことのない味」つまり「ここでしかたべれない味」

近い味としては「天香回味(てんしゃんふぇいうぇい)」の火鍋に近いかな〜

二子玉川「天香回味(テンシャンフェイウェイ)」の火鍋その3

とにかくこのスープは永遠に飲めます

すっぽん童貞の火鍋ファイターすっぽんを食らう

ぷりぷりしてて魚のような鶏肉のような、へえ〜これがすっぽんか

美味しいですな

10ZENは全体的にセンスが良いですねー

雰囲気も明るいし、メニューもコースの具材もとてもよく考えられて作られてます

〆には寝かせ玄米を鍋に投入して余すことなく鍋を堪能させてもらいます

 

そして見よ!!

すっからかん

鍋のスープを飲み干したのは初めて

薬膳鍋のパワーすげえ〜毎日食べたいな、健康になるんだろうなぁ

最近コンビニ飯ですませちゃってたからなんか回復した気分!!

実際本当に体調よくなりますよ

10ZENの薬膳鍋また食べにいきます!

YouTube火鍋チャンネル 火鍋専門情報番組
 

品川「10ZEN」の薬膳鍋

桜の季節〜

暖かく陽気な季節になるとともに店がヒマになってきた

火鍋ファイターです

今日は品川「10ZEN(じゅうぜん)」の薬膳鍋です

前から来たかったお店です

「火鍋」って言うよりも「薬膳鍋」なのでから〜い鍋好きな人はちょっと違うかもね

自分は辛さよりも薬膳感が好きなので楽しみだ!!

10ZENは品川の駅高輪口から徒歩5分

品プリを前に右方面に行きます

実は品川に住んだことがある火鍋ファイター
懐かしくて結構好きな街だなぁ

薬日本堂がやっている「漢方ミュージアム」の中にあります

漢方ミュージアムは「漢方ブティック」「漢方ギャラリー」「漢方スクール」そして「10ZEN」の4つの施設が集まった場所なのです

つまり漢方や薬膳のプロフェッショナル達が集う本拠地なわけで

おそらく日本の薬膳料理の最先端のお店になるでしょう

ってことでちょっと構えながら行ってまいりました

店内は薬膳の生薬や薬膳酒などが飾られていてキレイです


メニューがすごい!!

漢方の基本的考え方では個人の体質を知ることが大事なのです

その「漢方体質タイプチェック」がわかるようにメニューに差し込んである

各スープにどんな食材が使われていてどんな効果があるのかも表になってる

そして全てのメニューに薬効や効能が書かれている。。。

10ZENの薬膳鍋の売りは
・「国産純粋烏骨鶏」を使用してる
・「和漢食材」を使用したスープ
・「活すっぽん」を使用
・「新鮮旬野菜」を使用

自分・すっぽん食べたことない!!

ってことで
「すっぽん塩スープ」と「烏骨鶏赤辛スープ」のアンチエイジングセット¥5500(1名)を注文

そして飲み物も薬膳に特化したメニュー

「漢方酒」「薬膳カクテル」「薬膳梅酒」などなど

「黒糖生姜ビール¥720」と「薬膳酒3種飲み比べセット¥980」を注文

リラックスセット
気巡酒(トウモロコシのひげ、なつめ、蓮の実、かりん、などを漬け込んでいる)
カルダモン(ジンベース)
ハーブ(シャルトリューズベース)

の飲み比べ

薬膳酒は全部飲みやすくて香りが良い!!

物によっては30度近くあるから飲みごたえもありますよう〜

次回

楽しみにしていた薬膳鍋がきます!!

YouTube火鍋チャンネル 火鍋専門情報番組

渋谷「老麻火鍋房(らおまあひなべぼう)」の火鍋の続きの続き!!

ホントに夏でも火鍋をよく食べる火鍋ファイターGARIです

夏は火鍋屋さんは空いててゆっくりできるからオススメ!スパイスの効果でたくさん食べれるし夏バテしないぞ~い!

さて、老麻火鍋房の火鍋をいただきま~す

具材はこちら↓

お試し火鍋セット

白菜、しめじ、豆苗、ネギ、プティトメイト、ラム肉、豚ロース

このセットは夜10時以降に注文可能なお得に火鍋を食べれるセットです

更に追加で、竹筒鶏団子や棒湯葉、木耳、春雨、ラム肉大量などなどを注文

付けダレは~生卵、ごま油、おろしにんにく、ネギソース、サーチャジャン

まさに王道の付けダレチョイスは間違いなし!

ざっくばらんに入れて食べちゃいましょう、この店は肉類は薄いしゃぶしゃぶ的な感じで出てくるのでサッと火を通すくらいで食べるのが良し

ヤバい美味いですね、この店の特徴はやはりこのスープでしょう

見ての通り白く濁った白湯スープ

このスープは店で自家製で作っているんです!

へえ~って感じかもしれないですがこれは実はすごい事なんです!

火鍋屋さんはもちろん中華料理でも必需な「白湯スープ」

これを作るには非常に時間と手間がかかるのです、鶏ガラを下ごしらえして何時間も大きな寸胴鍋で炊いて灰汁を取り濾して冷やしてなどなど・・・

よく見るのはラーメン屋で大きな寸胴でスープを作ってますね、しかし最近はラーメン屋でもその手間や苦労を考えると出来合いのスープを使っているお店もずいぶんと増えました

ちなみに火鍋屋さんでスープを自家製で作っている店はここ以外知りません

数ある中華料理店でも白湯スープを作っているのは東京でも数店舗しかないそうだ(中華食材卸問屋談)

他の店舗はいわゆるスープの素を溶いて作るかほかの工場で作って冷凍して店に届けるかしているってこと

スープの素となると化学調味料を使ってるものがほとんどなので身体にあまりよくないですね

 

しかし老麻火鍋房では化学調味料一切なしの無添加スープを売りにしているだけありますね、身体に安心、そして自家製のスープだからこそのコクと鶏の旨みが感じれます

私火鍋ファイター位のレベルになるとスープを飲めば化学調味料で作ったものかちゃんと鶏ガラから作ったものかすぐわかります!

ここで働いていたからこそ分かるスープ作りの苦労・・・

みなさん味わいながら食べてくださいね

美味しい火鍋の裏には人知れず苦労する作り手さんがいるんですね、手間ひまかけて作る料理は裏切りませんね

ちなみに店内にはたくさんの「寿老人の像」七福神の一つ。頭の長い、短身の老人。長寿を授ける神がいるので探してみては

あと常にジャッキーチェンの映画が流れてるので見てみては

 YouTube火鍋チャンネル 火鍋専門情報番組
 

渋谷「老麻火鍋房(らおまあひなべぼう)」の火鍋の続き!!

納豆と火鍋を食べていれば健康だと思っています

火鍋ファイターGARIです

まず火鍋屋を選ぶうえで大事なことを一つ!!

「火鍋」と「薬膳火鍋」の違いです

「火鍋」=スープにラー油を入れた辛い鍋

「薬膳火鍋」=火鍋に生薬を使い薬効を高めた鍋

 

自分がオススメするのは当然「薬膳火鍋」です、生薬の独特な香りや旨みがくせになるんですしかも身体にいいならなおさらです

ハッキリ言ってただの火鍋では物足りない!

今回のこのお店は「薬膳火鍋専門店」

さあいざ老麻火鍋房の火鍋を注文です

ドーン!!
まず視認でわかるのが漢方の種類の多さ、なつめ、クコの実、竜眼、金針菜、などなど、唐辛子も中国唐辛子と輪切り唐辛子など種類の違う唐辛子で辛さにも変化をつけてます

これは店内に飾ってあるこの火鍋に入っている漢方、これ以外にも何十種類もの様々な食材や生薬のエキスが入ってます、おそらくここまで漢方を使っている火鍋は世界でもこのお店だけなのでは・・・

味だけでなく本当にお客さんの体を気遣った健康食へのこだわりを感じますね

 

このお店で働いていたので火鍋屋事情にはかなり詳しい自分なので火鍋屋の裏事情を少しお教えします

 

薬膳火鍋を作るうえで最も大変なことのひとつに「漢方」の仕入れがありますね

以前このブログでも書きましたが「漢方」の概念は中国からはいってきた東洋医学です、しかし今の日本は西洋医学が主流なので漢方薬を作り出す生薬は中国から仕入れるものがほとんどになります

 

しかもこの生薬を使った薬膳料理を出す店は数えるほどしかないので非常にマニアックな世界なんです

この「食用の生薬」を定期的に仕入れるのはなかなか難しいんですね~しかも海外から仕入れる特殊食材なので「高い」んです!!

 

ちょっとでも漢方薬を買ったことのある人ならおわかりでしょう漢方薬の高さを

だからただの「火鍋」は安くて当たり前なんです、食べ放題1900円とかであったりします

 

本物の「薬膳火鍋」はそんな値段で提供することは不可能ですから

 

そんな本物の薬膳火鍋をリーズナブルに食べれるのがこのお店だと思います

 

次回は実際に食します!!
YouTube火鍋チャンネル 火鍋専門情報番組