【火鍋専門家の台湾旅行まとめ】火鍋&漢方満喫モデルコース!

火鍋三銃士(火鍋ファイター、モモ、オチ)による

火鍋と漢方の旅2019 in 台湾

今回が最終話(全17話)

今回は我々が辿った台湾のスポットのまとめ

火鍋や漢方が好きな人は参考にして台湾旅行の計画をたててみては?

まず日本から2000キロ離れた台湾へ

入国審査官に止められながら(オチが)なんとか入国

桃園空港からMRT(電車)で台北へ向かう1時間弱

台北駅から宿「PaPa Whale(パパホエール)」のある西門エリアまでタクシー10分

≪1日目は西門エリア、オススメスポット≫
・雅香自助火鍋城(石頭火鍋)
・24時間スーパー「カルフール」
・薬草街
・馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋

≪2日目は迪化街~中山エリア、オススメスポット≫
・富宏牛肉麺
・迪化街 (ディーホアジェ)
・生元薬行
・無老鍋
・熱炒街
・金福手養身館

まず台湾は食が安い!

日本の3分の2~半額位

日本人にも合っている味付けなのでそんなに失敗することはないだろう(臭豆腐を除く)

今回の旅の目的である火鍋に関しては台湾の食文化として深く根づいていることがわかる

日本人が「寿司」を食べる感覚だろうか

火鍋店の多さがそれを物語っている、繁華街にはそこら中に火鍋屋が軒を連ねている

まさに火鍋天国だ

火鍋の本場は中国なのだが

同じ島国ということで中国本土よりも日本人に合った火鍋になっていると思う

食のほかにもアートや芸術も見どころだ

台湾は国を挙げてアートや芸術に力を入れている

デザインに関してもおもしろいものがたくさんあり刺激的だ

洗練されたデザインなどが見えつつも

中国的なダイナミックな街の風景も見れる

島国ながらも様々な文化が交差する独特な雰囲気

中国やアジアを思わせる風景

デザイン性のあるお土産、可愛いボトルに台湾茶を入れたもの100元=350円位

南国であるためにフルーツも名産品

日本とも関係が深いのでどこか懐かしくも感じる・・

今回旅のもう一つの目的「漢方」

迪化街 (ディーホアジェ) は漢方街とも呼ばれる「漢方天国」

日本では迷信めいた見られ方をする「漢方」

台湾人からすると、漢方は薬というよりも食事の一部、さらに言えば生活の一部という感覚

スーパーやコンビニで漢方ドリンク、漢方生薬、漢方スープの素なども売っている

台湾の子供は10歳を迎える頃、自然な成長を促すために、男の子は男の子用の、女の子は女の子用の漢方を飲み始めるらしい

成分は、女の子用が(鹿角、亀、穀芽、当帰、黄耆、玉竹、枸杞、遠志、青パパイヤ、人参、紅花)

男の子用が(鹿角、亀、穀芽、黄耆、茯苓、山薬、遠志、枸杞、人参、蛇床子、紅花)

台湾と日本の医療はかなり似ている気がする

台湾の医療事情を調べてみた

もともと中国伝統医学(漢方の考え方)が流入し、台湾医学の主流となる

日本の統治時代50年間(1895年から1945年)西洋医学が発展
一方、漢方は衰退

1945年以後、台湾は、西洋医学と漢方の両方の資格を認め、中医師(漢方の医師)が増加。

1995年~保険が適用されるようになり更に需要も高まっている。

現在、中医師(漢方)養成大学は2校、西洋医師養成大学は11校

日本と同じく西洋医学中心の医療形態だが中国の影響が強いため日本よりも漢方に関して身近だ

台湾人は先進国と同程度に健康であり、主な健康問題は肥満と心臓病

死因もがんや心疾患が上位で日本とほとんど同じ

つまり生活習慣病が大きな問題となっている

日本よりも漢方意識は高い台湾だが

最近では日本同様さらに漢方が見直されるようになってきている

日本や台湾のみならず欧米諸国でも漢方は非常に注目されている

観光地としても人気の高い台湾

日本と似て異なる文化は興味深い

親日なので安定して旅行しやすい

旅を終え帰国した「火鍋三銃士」

元々中国やモンゴルから発祥した「火鍋」という文化
まだまだ日本ではマイナーな食べ物

日本人の得意とする「アレンジ能力」「繊細さ」を生かして

「日本人が作る日本人に合った健康な火鍋」を目指し日々頑張っています

そして今回の火鍋の旅で強烈な個性を放つ登場人物3人のその後を紹介

今回の旅のスケジュールを組んでくれたモモおかげで満喫した旅になりました、感謝!

終始ネタには困らない人物のオチ、感謝!

台湾の方々、このブログを読んでくれた皆様に感謝!

台湾編ご愛読ありがとうございました^_^

『STORY』
台湾旅行記2019~火鍋食べ歩きと漢方修行~
①【我ら火鍋三銃士!!】
②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】
③【台湾上陸!!桃園国際空港~台北市内散策】NOW!!
④【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋(ヤーシェンスートウフオグオ)」】【前編】【後編】
⑤【世界一苦いジュース 「薬草街(青草巷)」】
⑥【賢い土産買い!台湾の24スーパーCarrefour(カルフール)(家樂福)】
⑦【これが本場の食べ放題!!台北西門 「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋(Mala Hot Pot)」】
⑧【現地で人気のニューローメン 台北西門 「富宏牛肉麵」】
⑨【本場で体験するオーダーメイド漢方!!中医漢方薬局 台北 「生元薬行」】
⑩【漢方天国 台湾1の漢方と乾物の問屋街 「迪化街」】
⑪【孤独のグルメ台湾編のお店で食べる「五郎特餐」&本場台湾茶体験】
⑫【この火鍋を食べに来たといっても過言ではない 台北中山 「無老鍋」】
⑬【台湾式居酒屋「熱炒」とは!?台北中山周辺を徘徊する】
⑭【安くてきもちい~!24時間営業マッサージ「金福手養身館」台北中山】
⑮【〆の火鍋は熱炒で!「中央市場生猛海鮮100」】
⑯【最後まで火鍋!台湾桃園空港内「異饗屋」】
⑰【台湾旅行まとめ、また行きたいワン!!】

30代の台湾旅、本場で体験オーダーメイド漢方!日本語OKの漢方薬局 「生元薬行」

火鍋ファイターです

火鍋三銃士が行く!
台湾火鍋と漢方の旅2日目

次に向かうは台湾のマニアックな観光地、台湾最古の問屋街!乾物、高級食材、漢方薬など…百年老舗がずらりと並ぶ

「迪化街(てきかがい)」!またの名を漢方街!!

異国情緒あふれる街並みでメインストリートには謎の食材や漢方が路上に飛び出て並んでいる、漢方や珍味に興味が無い人にとっては何が売っているのかわからない場所

その漢方街の外れにある漢方薬局「生元薬行」がはじめの目的地!

海外旅行で目的が薬局というのも面白い

そして漢方街に向かう前に漢方薬局で診察に寄ろうというわけだ

不摂生30代が行く台湾旅、本場で体験オーダーメイド漢方!

  • 漢方の資格「漢方養生指導士」を持っているが今回の旅では風邪をこじらせていちばん不健康の状態の火鍋ファイター
  • 健康に気を使う気配は無いがなぜか病気もしない野生の健康体のオチ
  • 一番不摂生な生活を送っているから不健康そうだが基本的にテンション高いため自分が不健康だと気づかないモモ

3人とも共通しているのはいい歳しているため多少健康に気をつかいはじめている事、30代にピッタリの健康スポットだ

宿がある西門周辺から歩いて20〜30分位で到着!

目的地

店構えは迫力がありすこし緊張するが勇気を出して入ってみよう

こちとら中国語は全くしゃべれない、英語は通じるか?携帯の翻訳機能でなんとかするか…

入店すると独特の漢方の香りがして、目の前でなんか調合してる!完全に異国!

そして店員さんが「いらっしゃいませ〜」

日本語かーい!

そう、ココは日本語が通用する漢方薬局なのだ、びびってそんした

小ケースには漢方薬がたくさん!!

流暢な日本語で「診察しますか?」と聞かれたのでお願いすると歩いて1分程の別施設に案内されます、診察代は確か1000円くらいだったかな?覚えていない

ココが診療所

別施設ですこし待つと1人づつ個室に案内される

個室に入ると日本語ができる店員さんと仙人のようなオジさんがいる、見た目からも何かの達人であることは間違いない

自分の身体で治したいところを日本語堪能の店員さんに伝えると中国語で仙人に通訳してくれている

仙人はそれを無言で聞きながら火鍋ファイターの腕の脈をとっている

自分は今風邪で声が出ない事や基本胃腸が弱い事などを伝える

通訳はそれを仙人に伝えているが仙人は目をつむりひたすら脈をとりつづける、きいてるのか?

漢方では問診と言われる身体の症状を詳しく聞いて治し方を導き出す診察方法がある、通訳がいろいろ聞いてくれる、仕事は?胃腸は弱いか?など

ココで仙人が突然動く!右手を出せとのジェスチャー!

なんだ?!脈をとっていた左手に変わり右手を差し出すと..

また脈をとりはじめた。

両手の脈をひとしきりとったあと、仙人は何かを書き始めた、おそらく処方だろう

東洋医学の世界ではその人に触っただけで体調や悪いところがわかるという達人がいるらしい、この仙人もそうに違いない!!

きっとすごい人なんだ!脈仙人!オレの健康はあなたに任せるよ!

診療を終えて店に戻るとさっそく脈仙人の処方で漢方薬を作っている

このように目の前で生薬を測り処方していく、見ているだけで楽しい!!

それをミキサーにかけて粉末状にしていく、そして完成!!

脈仙人が自分のために処方してくれたオーダーメイド漢方!!
診察料を含めて日本円で8000円位、コレは安い!!

日本ではもっと高くつきます、本場ならではの値段!

そして仙人の処方箋を入れて、綺麗な紙袋に入れてくれます

こうして火鍋三銃士は各々漢方薬を手に入れたのでした、漢方薬を買っただけなのに何故か健康になった気分!!

そして更に漢方生薬を仕入れに迪化街(てきかがい)へと向かうのであった!

この日火鍋ファイターはさっそく漢方薬を飲んだ!!

味は泥に正露丸を溶かしたような衝撃的な味だが次の日にはのどの調子がかなり良くなったのだ!!

脈仙人!!すげえよ!

日本に帰ってからは、飲みすぎた時や食べすぎた時にこれを飲むと次の日に全然残らない!最強の胃腸薬として使ってます、なんかよくわからんが何にでも効く万能薬のようなもの!

にしてもマズイ!!

いったい何が入っているのか?

そうだ!脈仙人が書いた処方箋を見てみよう!!きっと何が入っていて何に効くのかわかるはず!!

と思い処方箋を見てみた

仙人・・・ぜんぜん読めねえよ・・・!!

つづく

『STORY』
台湾旅行記2019~火鍋食べ歩きと漢方修行~
①【我ら火鍋三銃士!!】
②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】
③【台湾上陸!!桃園国際空港~台北市内散策】NOW!!
④【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋(ヤーシェンスートウフオグオ)」】【前編】【後編】
⑤【世界一苦いジュース 「薬草街(青草巷)」】
⑥【賢い土産買い!台湾の24スーパーCarrefour(カルフール)(家樂福)】
⑦【これが本場の食べ放題!!台北西門 「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋(Mala Hot Pot)」】
⑧【現地で人気のニューローメン 台北西門 「富宏牛肉麵」】
⑨【本場で体験するオーダーメイド漢方!!中医漢方薬局 台北 「生元薬行」】
⑩【漢方天国 台湾1の漢方と乾物の問屋街 「迪化街」】
⑪【孤独のグルメ台湾編のお店で食べる「五郎特餐」&本場台湾茶体験】
⑫【この火鍋を食べに来たといっても過言ではない 台北中山 「無老鍋」】
⑬【台湾式居酒屋「熱炒」とは!?台北中山周辺を徘徊する】
⑭【安くてきもちい~!24時間営業マッサージ「金福手養身館」台北中山】
⑮【〆の火鍋は熱炒で!「中央市場生猛海鮮100」】
⑯【最後まで火鍋!台湾桃園空港内「異饗屋」】
⑰【台湾旅行まとめ、また行きたいワン!!】