冷えは万病の元

極寒!!

 

火鍋ファイターです

ガクブルガクブル寒すぎて震える

薬膳火鍋は身体をめちゃくちゃ温めます、こんな寒い日には是非ともオススメしたい食事ですが、じゃあなぜ身体を温めた方がいいのか・・冷えるとなぜだめなのか?

なんとなく冷えるといけない?って思ってる人はたくさんいると思うけど

ここで身体を冷やさない方がいい理由をかんたんに説明しておきましょう

まず「冷えは万病の元」これは東洋医学の基本的考え方

冷え=体温低下が生じると

体の全細胞・臓器の働きが低下し、血液の流れが悪くなります

血液の流れが悪くなると血液が汚くなり、栄養素が身体に届きにくくなります

それが、漢方でいう「汚血」ってやつですね

漢方医学的には、2000年も前からすべての病気の原因はたった一つで、それが「血の汚れ」であると説きます

血液は、全身の60兆個の細胞に供給されているのだから、血液が汚れると、あちこちの細胞が傷んでしまうことになる

体の中ではその汚れから何とかして細胞を守ろうとする

発疹、炎症、動脈硬化、高血圧、血栓、ガン、出血などの反応は、そうやって起きると考えられてます

そして

人間の体は、36.5℃~37℃の体温で最も良く働くようにできているらしい

けど最近では、36℃前半,中には35℃台という人までいる

すべての病気はこの“体温低下”によって引き起こされている

ガンができるのも体温の低下と大いに関係があるという結果も出てているらしい

身体が冷える理由

過食(胃腸に血液が集まり身体全体は冷えてしまう)
ストレス(ストレスなどの緊張状態では血管が縮んで血行が悪くなる)
運動不足(筋肉不足)
冷房
入浴をしない
冷えた飲み物(夏でも冷えた飲み物やアイスなど)
塩分不足
薬(化学薬品のほとんどは身体を冷やします)
などなど

体を冷やす原因はいくらでもあるんです、だからこそ意識的に体を温め、体温を上げることが必要なのですね

ちなみに自分は冷え対策に飲み物を「常温」にしてます、夏でも常温、変えてからの身体の調子はあきらかに違いますよ

最近飲食店でもドリンクの氷を抜きにしてほしいって人が増えてきたな〜

 
YouTube火鍋チャンネル 火鍋専門情報番組