【深夜の羽田空港~飛行機内乾燥問題~桃園国際空港】そして空に声を奪われた男、2019台湾旅行記~火鍋食べ歩きと漢方修行~

2019台湾旅行記~火鍋食べ歩きと漢方修行~②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】

2019/3/31 00:30頃

火鍋ファイター羽田空港着

30分以上前に到着していたMOMOは空港内の居酒屋を一人で陣取り一杯やっていました・・

火鍋ファイター飲みに合流

羽田空港国際線ターミナルは2010年に開業した新しいターミナル

江戸をイメージした通りがあったり、日本の和が表現されていて海外から日本に来る方が楽しめるような工夫がされています、さながらテーマパークのような作りでふらっと遊びに来ても楽しめると思う

朝フライトを待つ人のために24時間空いてる飲食店もあります

今回行ったのは空港4Fにある「すぎのこ」という居酒屋、空港の一番端っこにあり奥まっているから空いていて穴場です

さらに30分遅れでOCHIが合流

火鍋三銃士が揃ったところで飛行機チェックイン

台湾へのフライトはAM5:25分

2~3時間時間があるので休めそうなベンチを探す

ここでベンチを大きく占領する中国人の女3人組がカードゲームをしている

「ここ座ってもいいですか?」

奥の席が空いていたので中国女に聞いたら無視・・・

イラッする火鍋三銃士

とりあえず空いていたので座り各々缶チューハイ片手にベンチにて雑談する、旅行前なのでテンションは高め

さっきまでカードゲームをしていた中国人の女が寝たいらしく「うるせえ」と言われる

イライラっとする火鍋三銃士

ここでMOMOが一言「ここで引き下がったら負けだから!」

この時点ですでに中国との冷戦状態に突入!

そして我々が向かう台湾は敵地!!

不安を抱えながらの出発となった火鍋ファイター・・・

火鍋ファイターの不安要素
・不安その1【言語】:しぇいしぇい、にーはお、しか知らない。中国圏に行くのに2つの単語しか知らずにはたして通用するのか?
・不安その2【人柄】:上記中国女3名のように中国圏は基本礼儀やマナーなどが悪く強めの性格の人が多いので萎縮してしまうのでは・・・・。
・不安その3【体調】:タイミング悪く風邪を引いている火鍋ファイター、のどの痛みを薬で抑えつつ、万全ではない状態で台湾に乗り込むことになった。

そしてこの後、不安が的中することとなる・・・

少々痛々しい「戦闘服」に着替えた火鍋ファイター、完全にヤバイやつである。

LCC(格安航空会社)のため機内は狭いが3時間程度なら耐えれるであろう

AM5:25

白々と夜が明ける頃、タイガーエアー台湾桃園空港行きに乗り込み日本を出発!!

いざ空の旅へ~!!

しかし!!!

この機内で火鍋ファイターの身体に異変が起こる・・

「う~ん・・・・・・のどの様子がおかしい・・」

「咳がでてきて、声も一気にガサガサして出なくなってきた・・・」

これは・・・「乾燥か・・?」

一度でも飛行機に乗ったことがある人は知っているだろう、機内は乾燥するのです!

もちろん自分だって知っていた、念のためマスクだって持っている

しかしそこに落とし穴があったのだ!飛行機の乾燥を完全になめていた!!

日本の年間平均湿度は68%

では飛行機の中の湿度は?

調べたらなんと10~20%!!

これは砂漠と同じくらいの乾燥状態なのだ!!

離陸30分もせずのどと鼻はカラッカラに乾燥して弱った粘膜を容赦なくの痛めつけてくる

しかも乾燥性敏感肌の火鍋ファイターは普通の人より乾燥に弱いのだ!

なぜこんなにも乾燥するのか?

飛行機は、上空10,000メートルのところを飛びます外の気温はマイナス50度です。

外気を直接機内に取り込んだら凍死しちゃいます

そこで飛行機のエンジンが作る高熱(850度前後)を利用するんです

エンジン熱を使って、外の空気を暖めて取り込みます

しかしここで重大な問題!!

暖めた温度の空気を機内へ送ると「結露」が起こってしまいます

家で冬に窓が曇ってしまうあの現象です、飛行機内でも、それと同じ状態になりかねない

飛行機内の結露は家の窓の結露とはわけが違います、飛行機はめちゃめちゃでかい精密機械です、水滴はさびたり、配線故障の原因になりかねない

飛行機のわずかな故障は、人命に関わることです。

そこで結露を防ぐために、水分除去装置を使って「わざと」空気を乾燥させているんです

空気が乾燥していれば、結露にならないからです。

飛行機の乾燥は、乗客の命を守るための安全対策なんです!!

しかし乗客の命の安全は守っても「喉」の安全は守ってくれません

おかげで無事に台湾に着くころには喉が完全に炎症を起こしぜんぜん声が出なくなってしまった火鍋ファイター!!

かろうじて発する言葉も「天龍源一郎」か「本間朋晃」なみに聞き取りにくいガッサガサの声に・・・

台湾到着直後に「声」を奪われた火鍋ファイター

敵は「言葉の壁」でも「中国人」でもなく「乾燥」だったとは・・・

なんとか台湾入国を果たすが、すでに敗北感が漂うメンバーもいる火鍋三銃士

幸先の悪いスタート・・・旅はまだ始まったばかり

③へと続く

『STORY』
台湾旅行記2019~火鍋食べ歩きと漢方修行~
①【我ら火鍋三銃士!!】
②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】この記事です。
③【台湾に無事?!到着!!桃園国際空港~台北市内散策】
④【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋(ヤーシェン スートウ フオグオ)」】
⑤【世界一苦いジュース 「薬草街(青草巷)」】
⑥【賢い土産買い!台湾の24スーパーCarrefour(カルフール)(家樂福)】
⑦【これが本場の食べ放題!!台北西門 「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋(Mala Hot Pot)」】
⑧【現地で人気のニューローメン 台北西門 「富宏牛肉麵」】
⑨【本場で体験するオーダーメイド漢方!!中医漢方薬局 台北 「生元薬行」】
⑩【漢方天国 台湾1の漢方と乾物の問屋街 「迪化街」】
⑪【孤独のグルメ台湾編のお店で食べる「五郎特餐」&本場台湾茶体験】
⑫【この火鍋を食べに来たといっても過言ではない 台北中山 「無老鍋」】
⑬【台湾式居酒屋「熱炒」とは!?台北中山周辺を徘徊する】
⑭【安くてきもちい~!24時間営業マッサージ「金福手養身館」台北中山】
⑮【〆の火鍋は熱炒で!「中央市場生猛海鮮100」】
⑯【最後まで火鍋!台湾桃園空港内「異饗屋」】
⑰【台湾旅行まとめ、また行きたいワン!!】

投稿者:

火鍋ファイター

日本一の火鍋マニア。火鍋専門サイト運営、漢方養生指導士の資格取得、某有名火鍋店にて2年間修行、1年限定で火鍋専門店を渋谷にオープン(現在閉店中)、台湾に火鍋と漢方修行の旅へ、あくなき火鍋への探求心は止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です