スターウォーズを陰陽論で分析する

2019、12.20公開スターウォーズ最新作公開!!

スターウォーズを火鍋ファイターが独自の目線で分析します

スターウォーズと火鍋関係無いじゃん!

って思うかもしれませんが

スターウォーズは全銀河を舞台とした壮大な陰陽論の物語

陰陽論とはコレね

カンのいい人は気付いたでしょう、何の形?

そう!火鍋の鍋の形!

陰陽論とは漢方の基礎となる考え方

そしてルークのいる島ジェダイの聖地にこんなものがあるのを見つけた

まるで陰陽論のマークそっくり、火鍋そっくり!!

スターウォーズは陰陽論の教科書です

ルークは言った

全てはバランス、強い光には強い闇がある

まさしく陰陽論そのもの

ルークは長い年月をかけてフォースとは陰陽論だと悟った

陰陽論とは何か?

は、すこし置いといて。

個人的に今回の三部作(エピソード7〜9)は今までの集大成でありかつ新しい最高の出来だと思っている

完結する次回が楽しみすぎるのだが意外と周りの反応が薄いと気づいた

特にラストジェダイの評判が悪い!

自分はDVDがMDに退化するほど観てるくらい好きだ

今回の3部作を批判する人たちの理由を調べると

レイいきなり強すぎる
レイアのフォースズルくね
ルークはなんで引きこもってんの?
ルークがチート級
子供がなぜフォースつかえる?

まとめると

フォースの使い方が気に入らないしよくわからない

フォースを理解できていないということだ

フォース=陰陽論なので陰陽論を理解しよう

スターウォーズは単純な騎士が悪を倒す娯楽映画ではなくなっている

エピソード1〜6までは深く考えなくてもわかるし楽しめる

今までのスターウォーズの陰陽属性と内容をまとめました

そして7からは新しいものを受け入れる柔軟性が必要

前回のエピソード8「THE LAST JEDAI」は特に難しく、フォースとは何か?ジェダイとは?という哲学的な部分まで掘り下げている

一回見ただけでは内容を理解することは難しい

人によってはつまらないとなるのもわかるす

そしてフォースの本質を詳しく説明したのもエピソード8「THE LAST JEDAI」

今まではフォースは選ばれたものが持つ超能力的な見方が強かった

しかしルークは言い切った

フォースはジェダイの力ではない

フォースはエネルギー

そのエネルギーは陰陽のバランスでできている

このフォース=陰陽論を理解するとルークが引きこもったホントの理由がわかる

というかルークが引きこもった理由は「陰陽論を理解してしまったから」である

ベンがダークサイドに落ちてしまった責任に耐えかねて、と劇中では言っている

責任に耐えかねて

引きこもったならただの無責任のチキン野郎だ

ルークは言ったなぜ銀河で1番見つからないところに隠れたとおもう?

その答えは映画中では直接語られない

しかしヒントとなる言葉はいくつかある

傲慢にもその力を継がせようとした

ジェダイはおこがましい

強い光には強い闇

バランス

ベンを救うことはできない

ルークは自分の力を継がせようとベンと12人の弟子を育てた

コレにより陰陽バランスが大きく崩れる

ただでさえ光のフォースが強いルークが弟子をとって光のフォースを強くしすぎてしまったのだ

陽が大きくなりすぎたそのバランスを取るため

ベンはダークサイドに落ちたのだ

フォースのバランスを保つため

ジェダイはあくまでフォースの光と闇の大きな流れの中にある

つまり人の力ではどうしようもない自然の摂理なのだ

この陰陽論の概念がなかったのだろう、ルークはレイにも教えようとしたがわかってない

ましてやソロやレイアにベンがダークサイドに堕ちたのは必然でしょうがないことだから諦めろなんて言えるはずもない

そして力を持つルークは光にも闇にも属さない陰陽論から抜け出そうとしたんです

言うならばになろうとした

お坊さんとかはココを目指している

しかし力のあるルークを必ずみんなは頼るだろう

そこで光に手を貸しても結局は闇を増大させてしまうだけ

だから誰からも見つからないところに引きこもったんですね

ルークは優秀です

スカイウォーカー家の中でも群を抜いてフォースも強く、様々な経験を積んできました

優秀が故にに世の中の摂理である陰陽論を理解してしまった

そんな中無知で勢いだけのレイが飛び込んでくる

エピソード7のタイトルはフォースの覚醒だ

レイやベンの世代からは覚醒されたフォースを使う新時代の人

親子3世代に渡る物語がスターウォーズ、時代の変化でフォースの形や理解や使い方が全く変わらないわけがない

フォースの使い方は格段に進化した

修行もしていないレイや子供がフォースを使えたり

その未知の力である覚醒したフォースを目の当たりにしてルークは恐れます

ヨーダ、古臭い書物もレイの持っているものを超えることはできない

昔は恐れなかったが今は怖い

強い光フォースは強い闇を生むから恐るのだ

しかしヨーダにさとされ

年老いた者にできることは失敗を伝えること

新しい力に希望を繋いでいくわけですね

物語は陰が極まった時、最後に残された一握りの希望

これからまた陰陽の大きな転換期で物語はクライマックスへ、そしてどんな結末になるのか楽しみですね^_^

個人的には今回の完結では陰陽の決着ではなく融合、善も悪も無い終わり方になると予想してます。

人の人生も陰陽論、バランスをとって生きていきましょう^_^

投稿者:

火鍋ファイター

日本一の火鍋マニア。火鍋専門サイト運営、漢方養生指導士の資格取得、某有名火鍋店にて2年間修行、1年限定で火鍋専門店を渋谷にオープン(現在閉店中)、台湾に火鍋と漢方修行の旅へ、あくなき火鍋への探求心は止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です