薬膳火鍋用の漢方生薬&スパイス天国!!上野アメ横「大津屋商店」

火鍋ファイターです〜

火鍋の師匠(幡ヶ谷「ももたろう」店主)からの情報で

「上野アメ横にヤバめのスパイス屋がある」

との情報をもらったので行ってきた

薬膳火鍋でもスパイスは生薬としてたくさん使うので仕入れに!!

渋谷から出ることはあまりない火鍋ファイター

渋谷から銀座線で一本、上野広小路で下車

駅を出ると早速パンチの効いた漢方の看板!!

こりゃ期待できるぞ

アメ横は10年くらい前に一回来たくらいなのだが・・・

アメ横の人の多さにびっくり、、なんというか人口密度と雑多な街並みに圧倒された「ここ・・日本だよなぁ・・」

おめあてのスパイス屋「大津屋商店」

アメ横開運食品街(山手線路横の一番メインの通り)の真ん中あたりにある

狭い店内にスパイスやハーブなどが所狭しとビッシリ並んでる!!(撮影不可)

全然聞いたことないスパイスだらけで気になったものは店員さんに聞けばいろいろ教えてくれますよ

値段も安い!!だいたい¥200〜¥300が相場

サイズ的には家庭用と業務用の中間くらいの大きさで使いやすいと思う

カレーのスパイスを探す人、自分は火鍋のスパイス、お茶に使う茶葉やハーブを探す人などお客が絶えない

気になったスパイスをググって調べながら20分位物色して8種類のスパイスゲット!!

アジョワンシード(辛口のインド料理に用いられる、インド以外では手に入りにくい)

カルダモンシード(カレーでおなじみのスパイス、火鍋で入れてる店もたまにある)

メース(ナツメグの種の皮の部分、ナツメグよりも上品な香りと苦味がする)

麻の実(ご存知大麻の実、市販されている物は熱を通してあり基本発芽しません)

バーズアイ(小粒の唐辛子ながらその辛さの破壊力は相当です一個試しに食べたら悶絶しました注意!)

カロンジ(ブラッククミンa.k.aニジェラシードとも呼ばれるインドや中東料理に使われるピリッとした辛味と苦味でコショウに似た感じ)

ホワイトペッパーホール(ブラックペッパーに比べて香りも辛味も穏やかなので、魚の煮込みやシチューやピクルスなどによく使われる)

キャラウェイホール(和名は姫茴香(ヒメウイキョウ)フェンネル(茴香)と似てる親戚みたいなかんじ)、ザワークラフト、パン、ビスケット、ケーキなどに使う)

どれも¥200〜¥300
バーズアイは¥500

これらを薬膳火鍋に使ったらどんな味になるのか?!
要望があればスパイスを火鍋に入れますので言ってください!

アメ横スパイスツアーは次回に続きます
YouTube火鍋チャンネル 火鍋専門情報番組

投稿者:

火鍋ファイター

日本一の火鍋マニア。火鍋専門サイト運営、漢方養生指導士の資格取得、某有名火鍋店にて2年間修行、1年限定で火鍋専門店を渋谷にオープン(現在閉店中)、台湾に火鍋と漢方修行の旅へ、あくなき火鍋への探求心は止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です