渋谷「ひつじの湯」でラムしゃぶ&薬膳火鍋 火鍋ファイターの食べ歩き

火鍋ファイターの火鍋食べ歩き

今回は渋谷「ひつじの湯」へと行ってきました

定期的に「ひつじ」が食べたくなる「ラム中毒」です

渋谷から恵比寿方面に5分ほどの交差点にあります

そして「ひつじの湯」はジンギスカンで有名な「羊門」の姉妹店です

明治通りをはさんで2つの店舗があります

「羊門」はジンギスカンでは有名店です!

関連ランキング:ジンギスカン | 渋谷駅代官山駅

焼いたひつじが食べたい→羊門
ラムしゃぶが食べたい→ひつじの湯

という使い方がいいでしょう(どちらでも焼いたりしゃぶしゃぶしたりできるらしいです)

今回はしゃぶしゃぶしたかったので「ひつじの湯」です

ラムしゃぶ(淡麗和しゃぶ+薬膳火鍋の2色鍋で注文)

待っている間 生のラム肉が食べれるということで「ラムヒレ肉ユッケ」を注文、臭みがなく美味しい

見た目はシンプルな鍋です、本格的な薬膳火鍋というより日本人に合わせたしゃぶしゃぶよりの鍋

元々火鍋はラム肉の臭みを気にさせないためのスパイスや辛味だから新鮮なラムにはこれくらいシンプルなスープで十分だと思います

つけダレはしゃぶしゃぶ用のポン酢、ゴマダレ、など、火鍋用の辛みそ、ニンニク、もみじおろし、そして胡麻ラー油を持ってきてくれます

胡麻ラー油はめずらしいし火鍋にもよくマッチして良かったです!!

自家製のつくねもラム肉も美味しいです

さすがラム肉専門店だけありますね~

辛さは日本人に合わせて抑えていますので万人にうける味です、夏に行ったので空いていましたが店員さんも気持ちよく接していただきました

渋谷で美味しいラムを食べたかったら「羊門」と「ひつじの湯」はいかがでしょう~!!

関連ランキング:ジンギスカン | 渋谷駅代官山駅恵比寿駅

火鍋食べ歩き 千葉県柏市「台湾食堂 金隆宴(きんりゅうえん)」に行ってきた。

火鍋ファイターです

東京中心の火鍋食べ歩きでしたが、今回はお隣の千葉県に遠征~

都心からもアクセスしやすい「柏」に行ってきました

柏の火鍋事情はどうでしょう?

google「柏 火鍋」で検索すると・・何件かヒット

残念ながら専門店はありません・・

が、気になる火鍋屋を発見

「台湾食堂 金隆宴(きんりゅうえん)」

駅からは遠いので徒歩では無理かも

昨年台湾に2泊3日で火鍋5食たべる過酷な旅に行ってるので台湾料理には興味があり来店

中華料理はたくさんあるが台湾料理店は意外と少ない

パチンコのマルハンが経営するショッピングモールの中にあります

パチ屋、ゲーセン、ボーリング場などのアミューズメントや業務スーパー、コインランドリー、飲食店も多数入った少し古めのショッピングモール

地元の人が遊ぶ場所っていう感じ
http://mem.skr.jp/1f-kinryuen.html

店は外からと中からの2か所の入り口で、店内はとっても広いです

火鍋というより普段は大衆台湾料理食堂という雰囲気ですね

感じのいい店主と思われるおじさんが片言で対応してくれます

こちらが火鍋のメニュー

本場四川薬膳火鍋セットを注文 一人¥1580は火鍋の中では安いですね!

その他にはコースもあります、これも内容を見ると安い!さすが地方!←悪口ではない

メニューでは「本場四川」と書いてあるが、かなり台湾寄りの火鍋だと思ってよい

「本場四川」はもっと「辛い」「脂っこい」「花椒が多い」のであまり日本人には合わない・・というイメージ。

火鍋登場!!

まず鍋の大きさがでかいですww

白湯は白濁していない透き通ったタイプのスープなのであっさり系の味、台湾はあっさり系が多い初めからトマトが入っているので酸味も強めと予想

やはり台湾系の火鍋ですね(明確な線引きがあるわけではない)

麻辣の方はスパイスがしっかりと確認できます

カルダモン、ローリエ、花椒などなど

そして一番特徴的なのが「レモングラス」だ、ほそい枝みたいなもの

これだけたくさんレモングラスを使った火鍋は初めてですね

これによって酸味が増して味がさっぱりして香りも良くなりますね

これも台湾っぽい、熱帯地域の料理は酸味が強いですからね

具材をいくつか追加しました、結構ボリュームがあるのでいいですね!

さっぱり系のスープなのでたくさん食べれます、辛さも結構辛めですが、本場中国系の死ぬほどの辛さではないので刺激的だがとても食べやすい火鍋

このお店は刀削麺もおすすめらしいので〆に頼みましたがたしかに美味しかったです

もちもちとしてスープにもよく絡んでくれます

そして面白いのが店内にトイレはなく、ゲームセンターの中にあります

食事中にメダルの音を聞きながらトイレに行くのはとても新鮮な体験!!

こんなものも発見!!

自家製薬酒!!

こういうものが店にある飲食店は信用できると思う

健康に対する意識と知識があるということですからね

にしてもすごい見た目、、、

まあ飲みますけどね!

味はもちろん強烈です!!

しかしなんか元気なってきたww

おなかいっぱいにもなりとても満足です

数少ない台湾系本格火鍋のお店でした~ごちそうさま!

「表参道 Soup+」の薬膳スープ&薬膳カレー

火鍋ファイターです

3回目の来店になります

「表参道Soup+」

毎日の料理に薬膳をというコンセプトにしているお店、表参道ヒルズの裏手にあります。

席数は5~10くらいの小さな店です、ウーバーイーツもやっているので自宅でも楽しめます

そもそも薬膳スープを提供している店は少ないし専門店なんてほとんどありまっせん、ここは家からも近いためたまに来れます

今回頼んだのは「薬膳スープと薬膳カレー」のセットです

このお店注文がちょと複雑で【スープ】+【トッピング】+【パウダー】+【その他ご飯など】を組み合わせて注文します

迷う人はあらかじめホームページがあるので見てある程度決めていきましょう
http://soup-plus.tokyo/

写真では「薬膳火鍋スープ」と書いてますが「薬膳スープ」です!

火鍋ファイターですが毎回火鍋スープなのでたまには違うものを!

いろいろトッピングやらすると¥1000~¥1500くらいはします

しかししっかりと漢方理論に基づいて考えられているので、安心して体に良い食事がとれるのでとてもありがたいです

普通のカレーよりスパイスや生薬感が強くて体がポカポカ温まるカレー

薬膳スープもおいしゅうございます(火鍋スープではございません)

火鍋を毎日たべるのは大変ですが、こういう手軽な店で毎日薬膳を取り入れるのはいいことですね

もちろんお店だけでなく家でも薬膳を取り入れるのは簡単です

すこしでも勉強して取り入れるだけで体調が変わってきますので皆さん是非試してみましょう!!

漢方専門家も納得!恵比寿「薬膳スープカレー・シャナイア」

火鍋ファイターです

今回はスープカレー屋さんのレポートです

火鍋ファイターはほぼ毎日カレーを食べています

「おいおい火鍋じゃねえじゃん!?」

と思うかもしれませんが

カレーと火鍋はとても良く似ている食べ物です

「スパイス」「辛さ」が味の決め手であること

実際に使われるスパイスや生薬も同じものがたくさんあります「クローブ」「クミン」「カルダモン」「チリペッパー」などなど

また「カレーは食べる漢方薬」とも言える健康食です、しかもお手軽!!
火鍋を毎日食べるのはお金もかかるし大変です。

しかも今回はただのカレーではありません「薬膳」スープカレーです!

なので火鍋を食べれない時には薬膳スープカレーがぴったりです!

火鍋とカレーの間にある食べ物、それが【薬膳スープカレー】

つまり普通のカレーよりも体に対する効果を考え薬効を高めたカレー!!

のはず!

安い火鍋屋さんに多いのですが「薬膳火鍋!!」とか書いてあるのに、まったく薬膳になっていない火鍋もあるんですよ

「漢方理論に基づいて、食材や調味料や調理方法を組み合わせて作る」

それが薬膳です。

火鍋ファイターは「漢方養生指導士」の資格を持っているのでそこはうるさいです!

前置きがながくなりましたが、今回は恵比寿にあるシャナイア(SHANIA)という薬膳スープカレー専門店に行きました

とても人気店なので予約していきました、恵比寿のカレー屋でもTOP5に入るほど

にしても住宅街にあるとは聞いていたが夜に行くと暗い道を行くので不安になりますw

恵比寿からガーデンプレイスをぬけて住宅街を歩いていると!

目印の看板!!を見落として彷徨いました。。

住宅街をさらに奥へ入りなんとか店を発見

猫の看板とかわいい店構えでお出迎え

MENUはこちらです

あらかじめHPなどでMENUを見ておくのもいいでしょう
http://www.nekoaji.net/shania/

だいたい¥1500前後位でしょうか

カレーにしては高めの値段ですがそこら辺のカレーとは違うわけですから

にしてもいたるところに猫グッズがあってカワイイ

猫好きにはたまらない

トイレのドアノブも猫、スープカレーの食べ方まで猫が教えてくれるww

このブログを見ている人は火鍋好きの人も多いので、辛いのが好きならからくできますね

ちなみに火鍋ファイターも大の猫好きです

火鍋ファイター監修で「火鍋ねこ」というマンガをインスタで連載してますので是非みてください
https://www.instagram.com/hinabeneko/?hl=ja

そして登場!薬膳スープカレー+寝かせ玄米というご飯もプラス

見た目も美しい、野菜たっぷり、香りや見た目からも普通のスープカレーとは一線を越えた生薬やスパイスを感じる

正直味についてどうこう言うのは好きじゃない

美味しく感じるかなんて人それぞれだし点数をつけるものでもないと思っている

自分も飲食店をしていたのでわかるのだが

本当に味がわかる人なんてなかなかいない

ましてそれが健康に良いのか?なんて実証できない

だから飲食店もお客さんをごまかそうとする

先の「薬膳」の話もそうだ

しかし、ここの薬膳スープカレーは「超優秀だ」

「手間を惜しんでいない」「食材を惜しんでいない」「しっかりと健康を考えている」「薬膳である」

今の時代美味いのは当たり前になっている

カップラーメンだってコンビニ弁当だって美味い

しかしこのスープカレーには美味い以外の「愛」がある

「スープカレーへの愛」「食材への愛」「人への愛」

そしてなにより「ネコへの愛」が!!

関連ランキング:スープカレー | 目黒駅恵比寿駅

日本初上陸「回転火鍋 辣幸子(ラーシンズ)」いってきた!

火鍋ファイターです

大久保に日本初の回転火鍋というものができたという噂を耳にした(行ったのは1年以上前)

「回転火鍋・・?」

いったい何が回転するのだろう・・・

くだらない妄想をしながら「大久保」へ

JR中央線「大久保」駅目の前
山手線「新大久保」からは徒歩5分程

店は2階にあるのだがアピール強めの入り口がわかりやすい・・

なんだろう・・なぜか入る前から笑ってしまったww

回転火鍋以外はほぼ怪しい店!

誘惑に負けず二階にあがりましょう

アピール強めの階段を上り店内へ

階段ですでに目が回りそうだ

結構広めの店内です、個室などもあります

具材がホントに回ってます

そして一人用の鍋

カウンターの一人席もありますので一人火鍋も可能

メニューです

まずは火鍋スープを選び店員さんに伝えましょう

ひとり用に鍋を持ってきてくれます

鍋が来たらあとは勝手に具材を回っているのを取ります

肉系は回ってないので店員さんに頼みます

つけダレコーナーもあるので自由につけダレも作りましょう

具材はいろいろ、珍しいものも回ってます

中国系お約束の誤字ww干しの椎茸

好きな具材をとるとこんな感じで賑やかなテーブルに!

お客さんは半分くらいは中国の人だったと思います

今回は友達3名で来店

あとは各々ひたすら食べます

1人ずつ別々に鍋を食べるのは新感覚

辛さはそんなでもありません

肉系がちょっと高めなので肉を抑えめに頼んだら結構安く食べれると思います

自分好みの鍋にできるのはいいかもしれないですね

話題性もあって楽しい火鍋、仲のいい友達と、もしくは一人で火鍋を食べたいときに気軽に使うお店ですね。

つくば市唯一の火鍋専門店 「源」に行ったらまさかの展開に・・!

東京の気になる火鍋はほぼ食べている火鍋ファイター

地方の火鍋にもチャレンジということで

今回は茨城県つくば市へ!!

宇宙に一番近い町と言われる(理由はよくわからない)

googleで「つくば市 火鍋」で検索すると一番初めに出てくる店であり、唯一の火鍋専門店「源(GEN)」へと行ってきました

つくば市民人口約23万人に対して、火鍋専門店は僅か1件

いかに火鍋がニッチな食べ物かがわかる

中華料理店で火鍋を提供しているところはいくつかある

しかしやはり火鍋は専門店で食べるに限る!!

つくば市研究学園駅から徒歩10分程度
中国火鍋専門店 源(GEN)

駐車場もあります、こんな感じのアパートみたいなビルの2Fです

店内は広々としていて綺麗です、地方ならではの余裕のある店内ですね

リーズナブルなコースも飲み放題もあるのでどんな人でも来れますね、一品料理も多数

そしてグランドメニューがこれです

(。´・ω・)ん?

火鍋ツウな方ならすぐわかるはず!

世界一の火鍋チェーン店「小肥羊(しゃおふぇいやん)」のマーク!!

「小肥羊(しゃおふぇいやん)」
中国発祥の火鍋チェーン
世界で500店舗程、日本でも20店舗以上を出店している

なぜ 「小肥羊(しゃおふぇいやん)」 のマークが・・・?

MENUもほぼ同じです

なるほど、おそらくフランチャイズ展開ですね

元の「源」とういう中華料理店を 「小肥羊(しゃおふぇいやん)」 がプロデュースして火鍋専門店になったってことか

「小肥羊(しゃおふぇいやん)」 は中国資本の火鍋チェーン店ですが
日本人に合った火鍋になっており、食べやすい、薬膳生薬もしっかりと入っている、しっかりとした「薬膳火鍋」だ。

「小肥羊(しゃおふぇいやん)」 は何度か食べているので味は知っているので、確かにここの火鍋は 「小肥羊(しゃおふぇいやん)」 の火鍋である

ちなみに都内でもたくさん店舗はあるので簡単に食べられます、チェーン店なので味はどこも同じ

火鍋入門にはちょうどいいお店だと思います。

ひとしきり食べましたー

まあ 「小肥羊(しゃおふぇいやん)」 なので詳しく内容は書かなくてもいいかなと、もちろん美味しいです

味、クオリティ、価格共に優秀な本格薬膳火鍋です!

これでつくば市民にも薬膳火鍋が気軽に食べれる環境ができてよかったなあ~!!

などと思いながら満足して店を出ようとしたとき・・・

閉店するんか~い!!

現在は閉まってます、しかしつくば市に火鍋の店をオープンする予定があるとのことです。

地方で美味しい火鍋が食べれるお店があれば紹介してください。

【火鍋専門家の台湾旅行まとめ】火鍋&漢方満喫モデルコース!

火鍋三銃士(火鍋ファイター、モモ、オチ)による

火鍋と漢方の旅2019 in 台湾

今回が最終話(全17話)

今回は我々が辿った台湾のスポットのまとめ

火鍋や漢方が好きな人は参考にして台湾旅行の計画をたててみては?

まず日本から2000キロ離れた台湾へ

入国審査官に止められながら(オチが)なんとか入国

桃園空港からMRT(電車)で台北へ向かう1時間弱

台北駅から宿「PaPa Whale(パパホエール)」のある西門エリアまでタクシー10分

≪1日目は西門エリア、オススメスポット≫
・雅香自助火鍋城(石頭火鍋)
・24時間スーパー「カルフール」
・薬草街
・馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋

≪2日目は迪化街~中山エリア、オススメスポット≫
・富宏牛肉麺
・迪化街 (ディーホアジェ)
・生元薬行
・無老鍋
・熱炒街
・金福手養身館

まず台湾は食が安い!

日本の3分の2~半額位

日本人にも合っている味付けなのでそんなに失敗することはないだろう(臭豆腐を除く)

今回の旅の目的である火鍋に関しては台湾の食文化として深く根づいていることがわかる

日本人が「寿司」を食べる感覚だろうか

火鍋店の多さがそれを物語っている、繁華街にはそこら中に火鍋屋が軒を連ねている

まさに火鍋天国だ

火鍋の本場は中国なのだが

同じ島国ということで中国本土よりも日本人に合った火鍋になっていると思う

食のほかにもアートや芸術も見どころだ

台湾は国を挙げてアートや芸術に力を入れている

デザインに関してもおもしろいものがたくさんあり刺激的だ

洗練されたデザインなどが見えつつも

中国的なダイナミックな街の風景も見れる

島国ながらも様々な文化が交差する独特な雰囲気

中国やアジアを思わせる風景

デザイン性のあるお土産、可愛いボトルに台湾茶を入れたもの100元=350円位

南国であるためにフルーツも名産品

日本とも関係が深いのでどこか懐かしくも感じる・・

今回旅のもう一つの目的「漢方」

迪化街 (ディーホアジェ) は漢方街とも呼ばれる「漢方天国」

日本では迷信めいた見られ方をする「漢方」

台湾人からすると、漢方は薬というよりも食事の一部、さらに言えば生活の一部という感覚

スーパーやコンビニで漢方ドリンク、漢方生薬、漢方スープの素なども売っている

台湾の子供は10歳を迎える頃、自然な成長を促すために、男の子は男の子用の、女の子は女の子用の漢方を飲み始めるらしい

成分は、女の子用が(鹿角、亀、穀芽、当帰、黄耆、玉竹、枸杞、遠志、青パパイヤ、人参、紅花)

男の子用が(鹿角、亀、穀芽、黄耆、茯苓、山薬、遠志、枸杞、人参、蛇床子、紅花)

台湾と日本の医療はかなり似ている気がする

台湾の医療事情を調べてみた

もともと中国伝統医学(漢方の考え方)が流入し、台湾医学の主流となる

日本の統治時代50年間(1895年から1945年)西洋医学が発展
一方、漢方は衰退

1945年以後、台湾は、西洋医学と漢方の両方の資格を認め、中医師(漢方の医師)が増加。

1995年~保険が適用されるようになり更に需要も高まっている。

現在、中医師(漢方)養成大学は2校、西洋医師養成大学は11校

日本と同じく西洋医学中心の医療形態だが中国の影響が強いため日本よりも漢方に関して身近だ

台湾人は先進国と同程度に健康であり、主な健康問題は肥満と心臓病

死因もがんや心疾患が上位で日本とほとんど同じ

つまり生活習慣病が大きな問題となっている

日本よりも漢方意識は高い台湾だが

最近では日本同様さらに漢方が見直されるようになってきている

日本や台湾のみならず欧米諸国でも漢方は非常に注目されている

観光地としても人気の高い台湾

日本と似て異なる文化は興味深い

親日なので安定して旅行しやすい

旅を終え帰国した「火鍋三銃士」

元々中国やモンゴルから発祥した「火鍋」という文化
まだまだ日本ではマイナーな食べ物

日本人の得意とする「アレンジ能力」「繊細さ」を生かして

「日本人が作る日本人に合った健康な火鍋」を目指し日々頑張っています

そして今回の火鍋の旅で強烈な個性を放つ登場人物3人のその後を紹介

今回の旅のスケジュールを組んでくれたモモおかげで満喫した旅になりました、感謝!

終始ネタには困らない人物のオチ、感謝!

台湾の方々、このブログを読んでくれた皆様に感謝!

台湾編ご愛読ありがとうございました^_^

『STORY』
台湾旅行記2019~火鍋食べ歩きと漢方修行~
①【我ら火鍋三銃士!!】
②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】
③【台湾上陸!!桃園国際空港~台北市内散策】NOW!!
④【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋(ヤーシェンスートウフオグオ)」】【前編】【後編】
⑤【世界一苦いジュース 「薬草街(青草巷)」】
⑥【賢い土産買い!台湾の24スーパーCarrefour(カルフール)(家樂福)】
⑦【これが本場の食べ放題!!台北西門 「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋(Mala Hot Pot)」】
⑧【現地で人気のニューローメン 台北西門 「富宏牛肉麵」】
⑨【本場で体験するオーダーメイド漢方!!中医漢方薬局 台北 「生元薬行」】
⑩【漢方天国 台湾1の漢方と乾物の問屋街 「迪化街」】
⑪【孤独のグルメ台湾編のお店で食べる「五郎特餐」&本場台湾茶体験】
⑫【この火鍋を食べに来たといっても過言ではない 台北中山 「無老鍋」】
⑬【台湾式居酒屋「熱炒」とは!?台北中山周辺を徘徊する】
⑭【安くてきもちい~!24時間営業マッサージ「金福手養身館」台北中山】
⑮【〆の火鍋は熱炒で!「中央市場生猛海鮮100」】
⑯【最後まで火鍋!台湾桃園空港内「異饗屋」】
⑰【台湾旅行まとめ、また行きたいワン!!】

【最後まで火鍋!桃園空港内フードコート「異饗屋」】

火鍋三銃士(火鍋ファイター、オチ、モモ)

が行く

台湾“火鍋と漢方の旅2019”

最終日(帰国日)

昨日は夜中まで台湾居酒屋“熱炒(ラーチャオ)”で飲み歩いた3人

私火鍋ファイターは飲むのは好きだか次の日に残りやすいタイプ

昨日のお酒の量からして確実に許容量は超えていたはずだが

ん?平気だぞ

スッキリしていて酒も残っていない

しかも!台湾に来てから喉を壊してほぼしゃべれない状態だったのに

喉の調子が良くなって声が出る!

これはもしかして・・・

昨日行った 迪化街 の漢方薬局で処方してもらった仙人の漢方薬のおかげでは!?

↓こちら 漢方薬局の記事です。

ちなみにこの漢方薬は激マズです、例えるならイソジンと正露丸と泥を混ぜたような味

しかしこんなにすぐに体調が回復するとは!

もしかしてすごい薬なのか?

などと考えつつ空港に向かう

声が出るようになった火鍋ファイター!

いままでしゃべれなかったぶんを取り戻すようにしゃべる

火鍋ファイター「オチ!昨日の昨日買った漢方薬効くかも!喉が治った!」

オチは健康にほとんど気を使わないのになぜか病気にもならないタイプ

オチ「そうか? けど病は気からじゃん、まあ体調は気合いだよ」

と持論を展開

病院もほとんど行ったことがない、野生の生命力をもつオチに話したのが間違いだった

そもそも何もしなくても健康な奴に漢方は必要ない

モモに話しかける

火鍋ファイター「モモ!昨日の漢方薬効くかも!声がでるよ!」

モモ「っていうか最終日に元気になってんじゃね~よ、もう帰んだよ」

と、最終日に無駄に元気になった火鍋ファイターはただのうざい男になり下がった

元気になって俄然食欲もでてきた火鍋ファイター

飛行機のチェックインも済ませて空港で最後の台湾グルメを楽しむことに

食べるのは・・

もちろん火鍋だ!!

さすが台湾、空港でも火鍋が食べれるのだ

この店は空港で唯一の一人用の火鍋を食べれる店舗

異饗屋(いきょうや)
日本語メニュー表記あり
台湾桃園市大園區航站南路9號 桃園國際機場 第一航廈-B1 https://tabelog.com/taiwan/A5403/A540323/54001917/

異饗屋(いきょうや)
「 饗 」という字は 酒食を用意してもてなす。ごちそうをする。祭りに供えものをする。もてなし。ごちそう。

という意味がある

南アジア料理「火鍋」「タイ料理」「シンガポール料理」 のお店

150元(530円)~250元(890円)で定食が食べれるからリーズナブルだ

無駄に元気な火鍋ファイターは一番豪華な250元の火鍋セットを頼む

鍋の種類が4種「オリジナル」「ラクサ」「トムヤムクン」「バクテー」の4種類あります。

一人火鍋(オリジナル味)
前菜3種(枝豆、たけのこ、もやし)
油淋鶏(揚げ鳥の甘酢かけ)
蒸し鶏(甘辛ソース)
白飯
コーラ

250元=890円

安い!!この量で!!

台湾5食目の火鍋

フードコートの火鍋だからといってあまく見てはいけない

具材には高級食材の白キクラゲも入ってる!

キノコや春雨、魚団子等々かなり具沢山だ

辛さは控えめで、スパイスの効いたスープは美味い!

油淋鶏や蒸し鶏も美味い、そして量が多い~コスパは最高だ

やはり台湾の食はすばらしい!

胃袋は完全に重量オーバー

最後に台湾の空港で食い溜めもして

重量オーバーの胃袋でなんとか飛行機に搭乗

2泊3日、初めての台湾の旅はこうして終了したのだった。

さらば台湾、また来るよ!

次回は台湾旅行まとめ。

『STORY』
台湾旅行記2019~火鍋食べ歩きと漢方修行~
①【我ら火鍋三銃士!!】
②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】
③【台湾上陸!!桃園国際空港~台北市内散策】NOW!!
④【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋(ヤーシェンスートウフオグオ)」】【前編】【後編】
⑤【世界一苦いジュース 「薬草街(青草巷)」】
⑥【賢い土産買い!台湾の24スーパーCarrefour(カルフール)(家樂福)】
⑦【これが本場の食べ放題!!台北西門 「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋(Mala Hot Pot)」】
⑧【現地で人気のニューローメン 台北西門 「富宏牛肉麵」】
⑨【本場で体験するオーダーメイド漢方!!中医漢方薬局 台北 「生元薬行」】
⑩【漢方天国 台湾1の漢方と乾物の問屋街 「迪化街」】
⑪【孤独のグルメ台湾編のお店で食べる「五郎特餐」&本場台湾茶体験】
⑫【この火鍋を食べに来たといっても過言ではない 台北中山 「無老鍋」】
⑬【台湾式居酒屋「熱炒」とは!?台北中山周辺を徘徊する】
⑭【安くてきもちい~!24時間営業マッサージ「金福手養身館」台北中山】
⑮【〆の火鍋は熱炒で!「中央市場生猛海鮮100」】
⑯【最後まで火鍋!台湾桃園空港内「異饗屋」】
⑰【台湾旅行まとめ、また行きたいワン!!】

【〆の火鍋は熱炒で!】深夜営業でオススメ「中央市場生猛海鮮100」

火鍋三銃士(火鍋ファイター、モモ、オチ)が行く

台湾≪火鍋と漢方の旅≫

台湾のマッサージで酒を抜きリラックスした火鍋三銃士 (オチ以外)

午前1時

再度飲むために熱炒街と言われる飲み屋街をまたうろつく

歩くこと10秒

モモ「よしここにしよう!」

近っ!!

一際ギラッギラに光った看板の店に入る

中央市場生猛海鮮
台湾台北市中山區長安東路一段52-1號
営業時間
11:30~14:30 16:00~翌5:00
https://tabelog.com/taiwan/A5403/A540322/54000779/

どうやら有名な熱炒らしい、深夜なのに賑わっている、雰囲気もいい感じ

熱炒(ラーチャオ)とは台湾式の居酒屋のこと

解放感がある、安い、美味い、深夜までやってる、ということで地元民や観光客からも人気のスポット

足つぼマッサージでぐったりと疲れているオチ

この店のシステム

この紙に印をつけて店員に渡す

熱炒のメニューを全て日本語に直してくれているありがたいブログがあったのでご紹介させていただきます、感謝!

ドリンクはセルフなので冷蔵庫から勝手に持ってきましょう

メニューは大体100台湾ドル=350円位

我々は「火鍋」の欄から選ぶ

ちなみに日本では「火鍋=辛い鍋」
中国や台湾では「火鍋=鍋」である(鍋全般を火鍋という)

散々辛い物を食べてお腹いっぱいの3人はやさしい鍋を頼むことに

刈菜蛤蜊雞鍋…からし菜とハマグリと鶏肉の鍋

480台湾ドル=1720円なり

台湾4回目の鍋登場、具材はすでに入っていてシンプルな鍋

でかい鍋だ

量は申し分ない、味も鶏とハマグリの出汁で美味しい、カラシ菜はチンゲン菜に似ている

まあ火鍋の専門店に比べたら劣るが、我々の暴飲暴食で使いまくった胃腸にちょうどいいやさしい鍋だ

完全に食べるより飲むがメインになり

酔いも回ったころ

ふと店のテレビを見ると・・・

日本のことがやってる・・・

ん?

日本でなにかあったのか?

ああ!!

今日(昨日)は4月1日!!

新元号発表の日!!

完全に忘れていた!!

台湾でも大きく報じられていてビックリ!!

飲んだくれてる間に新元号発表、日本人なのに随分と乗り遅れてしまった

我が国の時代の節目を忘れて飲んだくれていたことに反省しつつ

深夜の台湾で暴飲暴食を満喫する3人

明日には日本に帰国、台湾最後の夜は記憶が断片的だが楽しく過ごした気がする

続く。

『STORY』
台湾旅行記2019~火鍋食べ歩きと漢方修行~
①【我ら火鍋三銃士!!】
②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】
③【台湾上陸!!桃園国際空港~台北市内散策】NOW!!
④【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋(ヤーシェンスートウフオグオ)」】【前編】【後編】
⑤【世界一苦いジュース 「薬草街(青草巷)」】
⑥【賢い土産買い!台湾の24スーパーCarrefour(カルフール)(家樂福)】
⑦【これが本場の食べ放題!!台北西門 「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋(Mala Hot Pot)」】
⑧【現地で人気のニューローメン 台北西門 「富宏牛肉麵」】
⑨【本場で体験するオーダーメイド漢方!!中医漢方薬局 台北 「生元薬行」】
⑩【漢方天国 台湾1の漢方と乾物の問屋街 「迪化街」】
⑪【孤独のグルメ台湾編のお店で食べる「五郎特餐」&本場台湾茶体験】
⑫【この火鍋を食べに来たといっても過言ではない 台北中山 「無老鍋」】
⑬【台湾式居酒屋「熱炒」とは!?台北中山周辺を徘徊する】
⑭【安くてきもちい~!24時間営業マッサージ「金福手養身館」台北中山】
⑮【〆の火鍋は熱炒で!「中央市場生猛海鮮100」】
⑯【最後まで火鍋!台湾桃園空港内「異饗屋」】
⑰【台湾旅行まとめ、また行きたいワン!!】

火鍋職人3人が絶賛!日本未上陸!台北で絶対食べたい健康鍋「無老鍋」

日本火鍋界の精鋭「火鍋三銃士(モモ、オチ、火鍋ファイター)」がゆく~ぶらり台湾火鍋と漢方の旅~

次の火鍋屋を目指し、 迪化街 から台北の「中山(ちゅうざん)」へ向かいます

地下鉄に乗ってもよいのだが、お腹を減らすためと台湾の街並みを見れることから迪化街から歩くこと30分

「中山(ちゅうざん)」は台北で最もにぎやかな街、デパート、高級ブランド、オシャレカフェ、雑貨、など、ショッピングも楽しめる、流行芸術の息づく観光地、さながら台湾の表参道といったところ

ランドマークである「グランドホテル」、台湾の近現代美術を展示する「台北市立美術館」、戦の神、関羽を祀った「行天宮」などが有名。

そんな観光地をすっ飛ばして火鍋屋を目指す一行、そもそもそんな見どころがあることも知らなかった

日本の旅行者のほとんどが行く「 九份 (きゅうふん)」 (千と千尋の神隠しの舞台になったとも噂されるSNS映えスポット)さえも行っていない

我々の見どころといえば火鍋屋漢方薬局薬草ジュース(激苦)

なんとも映えない旅である

オチがボソッと「 九份 とかいかない?」と言ったら「いかねーよ」「遊びじゃねえんだよ!」「なめてんの?」とボロクソに言われていた

そして台湾3件目の火鍋屋 、今旅の目的といっても過言ではない場所に到着

無老鍋(wulao)
https://www.wulao.com.tw/jp/index.php
日本語対応HP
台湾に5店舗
上海に3店舗
を構える
系列店舗では「鼎王麻辣鍋」という火鍋もある
こちらも人気店らしい「無老鍋」の方が多少高級で漢方などをたくさん入れているイメージ、 「鼎王麻辣鍋」 はもっと辛さが強く中華系なイメージ、日本人には「無老鍋」の方が合うと思われる。

火鍋に厳しいモモが絶賛している店だ

どうやら人気店らしく、予約も取りずらいためオープンとほぼ同時刻に店に入ることに

店内はキレイで火鍋店の中では高級店路線の店

メニューは基本アラカルトでの注文、日本語も書かれている、ホームページでもメニューが見れるのであらかじめ見ておくといいだろう

我々は2色の鴛鴦鍋(おしどりなべ)を注文、なんと高麗人参を丸々入れることもできます!入れないと20元安い、日本円にすると300円位、いやいや入れるでしょ!!

注文した具材は、野菜の盛り合わせ、キノコ系ラム肉、豚肉など

まもなくして鍋がやってきました

火鍋職人レベルになると、鍋を見ただけでその鍋が美味いかどうか大体わかる。
直観でこの鍋は美味いと見抜く3人

では鍋の中身を見てみよう

等々すでにたくさん具材が入っている!
デフォルトでカモの血と湯葉的なものが入っているのはすごい

日本ではあまり見かけることの無い「カモの血」ですが中国、台湾では火鍋には欠かせない食材

台湾では特に伝統的な食材として一般的で滋養補強効果もあるとか!

作り方は新鮮な鴨の血に塩を入れて固めるだけらしい

日本でも食べれるところもある、味は血液だから血なまぐさいと思いきや、全然くせはありませんというか無味に近いか・・・

いざ!
食べるぞ!
そのまえにビールで乾杯

具材を入れていく

さあ、そして実食!
このスープ・・・けしからんくらい美味い!

火鍋職人達もなっとくの味!!

これは今までに食べたことがない、スープ自体はまろやかでコクのある白湯に独自のスパイスの味がアクセントになっている

麻辣スープは辛さは抑え目でこちらもスパイスと辣油の香ばしさがよく出ている、中華味噌、醬も入っているな

いずれもしっかりと漢方生薬が入っている!生薬の香りが心地よい

それはそうだ中には高麗人参まるまるはいっているし!最後にたべよう。

火鍋といえば漬けダレも楽しみの一つ

無老鍋の漬けダレは6種!
何十種も漬けダレがある火鍋屋も多いが、ここまでスープの完成度が高いとむしろ漬けダレなど邪魔なものだ。

漬けダレでごまかさない、スープで勝負の火鍋だ!

高級火鍋ではあるが、日本に比べたらかなり安い!一人4000くらいだったきがする

中国系の辛さに特化した火鍋よりも日本人に合った健康志向の火鍋、そのうち日本にも支店ができるのではないかとそわそわしてしまう。

美味しい火鍋とビールでお腹いっぱいになった火鍋三銃士、日も暮れてきたころ

昼から飲んでるモモが「じゃぁそろそろ飲みにいきますか!」と我々を夜の台北繁華街へと導いていく・・・

『STORY』
台湾旅行記2019~火鍋食べ歩きと漢方修行~
①【我ら火鍋三銃士!!】
②【空に声を奪われた男、羽田~桃園国際空港】
③【台湾上陸!!桃園国際空港~台北市内散策】NOW!!
④【石焼火鍋!!台北西門 「雅香石頭火鍋(ヤーシェンスートウフオグオ)」】【前編】【後編】
⑤【世界一苦いジュース 「薬草街(青草巷)」】
⑥【賢い土産買い!台湾の24スーパーCarrefour(カルフール)(家樂福)】
⑦【これが本場の食べ放題!!台北西門 「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋(Mala Hot Pot)」】
⑧【現地で人気のニューローメン 台北西門 「富宏牛肉麵」】
⑨【本場で体験するオーダーメイド漢方!!中医漢方薬局 台北 「生元薬行」】
⑩【漢方天国 台湾1の漢方と乾物の問屋街 「迪化街」】
⑪【孤独のグルメ台湾編のお店で食べる「五郎特餐」&本場台湾茶体験】
⑫【この火鍋を食べに来たといっても過言ではない 台北中山 「無老鍋」】
⑬【台湾式居酒屋「熱炒」とは!?台北中山周辺を徘徊する】
⑭【安くてきもちい~!24時間営業マッサージ「金福手養身館」台北中山】
⑮【〆の火鍋は熱炒で!「中央市場生猛海鮮100」】
⑯【最後まで火鍋!台湾桃園空港内「異饗屋」】
⑰【台湾旅行まとめ、また行きたいワン!!】